ププちゃん/リンク追加しました

いただきもの・里親様より
09 /19 2017
近況のお写真をいただきました。
いただいてから時間が経ってしまいましたが…こちらでご紹介させてください。
ブルーの女の子、ププちゃんです。持ってる番号は95番。
テラ君蛍ちゃんの娘鳥で、同腹兄弟がみんみん様。
この秋を越したら5歳になる、のかな??
kako-1BPpqje8qTwTgkF6.jpg

先住のセキセイ男子がプラケースで看護状態が続いた時も、セキセイが亡くなるまで毎日 プラケース越しにお見舞いに行くなど、優しい面もある子に育ちました。

image4 (1)

ということで、写真に寄り添う姿の写真をいただきました。いじらしいかわいい。
ちょっとわがままな甘えたさん、だそうで元気そうで何よりです。
Sさん、ありがとうございました。
 
-----------------
それから、リンクを一件追加いたしました。
こちらもご紹介が遅くなりました。

YM(@mame_kingyo)のマメルリハblog
http://mame-kingyo.blog.jp/


静岡在住のマメ飼いYM氏のブログ。
好きがこうじて、とうとう動物取扱業取っちゃわれました。
主にツイッターが活動拠点なので、近況はそちらのほうが早い。
うちからはみゆきち&フロッケの子供、一姫(かずき)ちゃん&京太郎君の2羽が行っています。
最後に上がっている記事で抱卵中のまま引っ越したというのが、かずちゃんでした(^^;; タフな娘に育ったものです。
両方ともパートナーと子宝に恵まれ元気そうです。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

マメルリハ&オカメインコお譲りします(検索用・里親募集)2017夏

里親募集中
09 /01 2017
【8/31記事作成 9/1更新】
募集要項はこちら参照ください。メールアドレスもこちら。
業登録表示はこちら

初夏にマメルリハが生まれておりました。
ツイッターで先行告知したらありがたいことに2羽決まってしまいまして、そのあと油断して放置してしまいました。すっかり育ってしまいました…。
末っ子の雄1羽のみがお譲りの対象です。
マメ決まりました。ありがとうございました
すでに出て行った2羽、見にくくなりますがツイだと流れちゃうので3羽いっしょの写真をこの場でぺたりさせてください。
とっても陽気で可愛い兄弟でした。行った先でも元気でやっているようです。
1708315.jpg
左から152姉ちゃん、真ん中153末っ子、右が151兄ちゃん。


父 ロッキー(通称:手羽先)※華の息子鳥 イエローパステル
母 ビアンカ ※チップの娘鳥 ブルーパステル
 
★イエローパステル雄 6/3うまれ(151)お迎えいただきました
★イエローパステル雌 6/5うまれ(152)お迎えいただきました



★マメルリハ イエローパステル雄 6/9うまれ(153) 決まりました
1708314.jpg

1708313.jpg
一人餌ですので最初からカゴで飼育できます。チミ噛みこそあるものの、マメの中では穏やかな子です。
ひとりあそびも好きなマイペースちゃん。スパングル模様は薄めですが出ています。
穏やかとはいっても、マメルリハは相性の問題が起きやすい鳥種です。ペア組み予定の場合、最悪別籠、別放鳥になる可能性も頭に入れてご検討ください。


★オカメインコ 1/20うまれ ヘビーパールパイド
1708311.jpg

1708312.jpg

訳アリの子です。長文ご容赦ください。
ツイッターでは「冬(ふゆ)」の名前で登場している子です。(名前は変更していただいてかまいません)
性別未鑑定、たぶん雌。3羽兄弟で生まれましたが上の子たちは親に噛み殺されてしまい、生き残ったこの子を生後2日で保護し挿し餌で育てました。
何度も食滞を起こし危ない橋を渡り、一人餌への切り替えも時間がかかりました。一人餌時点で体重70グラム弱。現在も80グラム近辺の小さな子です。当然繁殖には向きません。
右足前指の麻痺?動き悪い。(よく見ないとわかりにくい程度、止まり木掴めます)片方の肩が少し下がっています。
医師の診察は受けていませんので、他にも見えない箇所に障害が残っているかもしれません。
足輪なし(体力なさすぎてかわいそうでつけられなかった)。
性格はビビりです。カキカキはあまりさせません。どんくさいです。隙間によく落ちますので放鳥中は要注意。ヒマワリの皮は最近やっと割れるようになりました…が、カラが嘴に刺さって取れずに困っている姿を見かけます。
マメルリハにちょっかいを出す怖いもの知らずな面もあります。ほかのかたの言葉をお借りするなら「生きるのが上手じゃない」です。
一生うちにいても良いと思って育てていますが、幸い体力がついてきて、そこそこ普通に生きていかれそうな気がします。
大勢のなかの1羽として生きるより他家に行って別の道が開けるかもしれないとも思い、お譲り記事に出してみます。

ご検討よろしくおねがいします。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



マメルリハ末っ子君、一度お声はかかったものの、こちらからお断りいたしました。レアケースですが、相思相愛といかないこともございます。悪しからずご了承ください。
 
そのかたには一番上の健康理由のみをお伝えしたため、不可解で嫌な思いをさせてしまったようなのですが…
・体調が相当に悪く入院スレスレ。先住ペット複数を連れて実家に戻ったりしているのに数増やして大丈夫かいなー?
・マメルリハインコと小型犬を一緒に遊ばせている。しかもインコが犬をつついてて、犬が嫌がって逃げ回っている動画で不安感増大
・先住マメルリハとの相性が合わないのが原因で若鳥段階で里子に出した鳥が複数羽
で、私とは考えが相容れないと。
ツイッターだけみて判断しないでほしいとその方は諦めずに返信くださったのですが、よくも悪くもツイッターは普段の暮らしぶりが垣間見えるものです。
でもメールだったら飼育状況もわからないまま綺麗な言葉に巻かれて出してしまっていたかもしれません。

最近の庭仕事

ヒト日記
06 /17 2017
手が回らなくなって規模を大幅に縮小していた園芸。
花物が大好きです。元々、物心つくまえから扱いを仕込まれてて、でもガーデニングってお洒落者じゃない。
株間広めに植えちゃう癖は直らない。
葉っぱ挿して子株取るとか大好物。
ただ、結婚したら旦那が暖房大好きシロクマ君ゆえに花が咲いても持ちません。花瓶に花を活けることもだんだんなくなり、シンビジウムの花芽は毎年高温障害で駄目になります。
やる気削がれることこの上なし…そこに体調不良で増やさないように努めてました。

なのに、家の事情で今年から規模拡大で死んでます。
都会なので自宅前の猫の額ほどだったのですが…別の場所に規模3倍、課題はバラ咲き乱れる英国風。
秋からさらに担当場所が3割り増える。
もう ど う し ろ と!!
 
飼ってたバラ、ほとんど枯らしちゃったんです…かなり苦手です。
痛いの嫌い、農薬きらい。虫きらい。
でも泣き言言ってられないのでバラを中心に買い増し、大鉢を並べ、赤土の花壇を耕し、朝夕2回の水やりを。
今回は見た目重視だから薬だって自重しません。
かけなければそれなりに、手をかければがっつり咲くのもバラの楽しみであり、入れ替わりで美しい花をつけています。
花をつけた鉢は、私の目の届かないとこに飾られ仕事しています。

1707172.jpg
 
青バラの「しのぶれど」。
しのぶれど 色に出でけり わが恋は…
切り戻して2番花がつきました。
1番花がすごかったのでお疲れかも。
ちょうど他の鉢が仕事しているので、手許で眺められるでしょう。

1707173.jpg
  
トマト。
これは私の趣味。これくらいは余禄だよね?
甘い甘い黄色系品種。もうすぐ黄金色の実になるはずです。

巣箱は毎日中身チェックしなくて良いのよ、という話

民間療法
05 /11 2017
質問いただきました。ご本人にはお返事済なのですけど、こちらでもちょっと書いてみようかなぁって思います。
画像無しでスミマセン。もしお手元にカレンダーがある方は合わせてごらんくださるとわかりやすいかな。

質問:4/18に3つの卵を確認しました。5月頭の現時点で5個の卵を抱いています。ずっと抱卵していて母鳥の身体が心配なのですが、卵を撤去するタイミングは?

まず、卵がいつごろ産んだものか推測しましょう。
個体差はありますが、1日おきに産んでいきます。だから、4/16に2卵、4/14頃に初卵と推測します。
後ろは4/20に4卵、4/22に5卵…と割り出します。
 
次に孵化予定日を割り出します。
マメの場合、抱卵は21日です。いくつか産み貯めてから真面目に始める子、初卵から座り込んで暖める子、いろいろいます。
最初から暖めはじめたとして、5/5が初卵の孵化予定。最後は5/13予定。だから、ここまでは取ろうと思わないこと。
人間がじたばたしたってどうにもならないので、鳥たちに任せましょう。
さらに、生き物ですので多少ズレ込むこともあります。プラス一週間。
5/20頃をめどにどうするか考えてもいいのかなあ、と思います。
 
この頃には、孵化しなかった場合は母鳥がストイックな生活に飽きてて、巣箱の外でちょろちょろしていることも多いです。
もちろん手を入れればダッシュで巣箱に戻って行ってしまうと思いますが、外すときは一気いきましょう。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

マリーとヴェルと囀る声

鳥日記・雑
05 /02 2017
1705011.png

マリー(イエローパステル)とヴェル(グリーン)の♂♂コンビです。
前回のブログ登場が引き受け時…って、あちゃー。2015年9月記事でした。
お引き受けして2次里親になってから間もなくブログ更新しなくなってしまいましたが、相変わらずのいい男っぷりです。

何羽か女子をご紹介してみたもののカップルにはならず、この2羽で1つの37手乗りケージで仲良く暮らしています。
同性どうし、特にオス同士では疑似交尾をよく見かける(そしてどっちが上かはだいたい決まっている)のですが、ここは見たことがない。
力関係が対等に近いですね。若干ヴェルが上位かな。ただ、鬱憤が溜まってくるとどつきあいになってかなり危ないので、ガス抜きの放鳥が必須です。
そういう点では、前飼い主さんが別籠飼育・放鳥のみ同時だったのは理にかなっていたように思います。
 
一緒にくらしはじめて気づいたこと。
ヴェル、声でかい。
尋常じゃなくでかい。
軽い呼び鳴きを耳元でやられると鼓膜がじんじんする程度に爆音。
それだけでなく、彼は普通のさえずり自体が声が大きい。マメルリハこれだけ飼ってる家でヴェルを上回るの音量なのはみんみん様だけ(そのみんみんは鳥部屋にいたから声が目立たない)。
おまえさんは応援団か体育教師か修造か? と。
これは飼い主さん仕事に行って留守の間、昼間ご機嫌に歌ってたんだろうな…。
 
マメルリハは声が小さくて…ってたまに言われるのですが、そんなことないよと全力で否定いたします。
お迎え検討中の場合、音のことは事前に頭に入れておいてください。鳥はさえずりでコミニュケーションを取ります。
そして標準はあくまで標準。時にはマメらしいかわいらしい鳴き声じゃない、こんな個性的なコもいますってお話でした。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)