モル坊新居にお引越し。

鳥日記・雑
08 /31 2007
いま掃除神が来てます。今夜は燃えてます。
その一環で。
0708317.jpg
 
まつもとさんが引っ越し、広い籠が空いたので
モル坊に移ってもらいました。
写真の後方にある今までの籠は洗って即収納。
床面積は大差ないけど、高さがあります。
でも大丈夫かな。彼、時々ずっこけるから。
 
サフラワー挑戦中のモル。
(たべられるけどすごく時間がかかる)
餌入れはジャンガリアンハムスター用を使用。
横に座布団がわりのタオルハンカチ。
0708316.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ

かじかじかじ かじりーず

鳥日記・雑
08 /31 2007
先日、池袋こんぱまるで
「かじりーず びぎなーず3」を購入。
いぐさの香りが良いですねぇ。
複数飼いの我が家にはちょっと割高な玩具ですが
マメ達には大好評で、いい塩梅に遊ばれます。
0708314.jpg
 
モルたんのは既に原型とどめず。
びよびよ妙な格好でぶらさがっています。
0708313.jpg

原型以前に姿も形もないゆき&まぴの。
半目の写真がこわいっす。
  
もったいないから残骸で工作。
いぐさがないと食い付き悪いけど。
0708312.jpg

ま、これはこれなりに。。
0708311.jpg

 
意味なくモル坊。
換羽はじまりました。顔にツンツンが少々。
0708315.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ

巣箱いれました。

鳥日記・雑
08 /28 2007
既に巣箱を入れたそら&るんのペアにくわえて、
まつもとさん&ゆっきーのペアにも
巣箱を投入しました。
   
この2羽、喧嘩ばっかのスタートで
ぜったいペアにはならんだろう…と
思っていただけに、母さんは嬉しい。
0708281.jpg

こちらのコンビは、
入れた翌日から入り口を気にし始め、
3日目の今日は、だいぶかじられてます。
エッグフードの減りもなかなか速い。
  
巣箱、おもちゃにしていいよ、まぴ。
大きくて、ずいぶん齧りがいがあるでしょ? 
 
茶のみ友達ならぬ、ヒマワリ友達になってくれただけで
もう十分なのです。
にほんブログ村 鳥ブログへ

何か大事なものを盗まれたきもしますが

鳥日記・雑
08 /26 2007
セキセイたちです。
カメラ向けると駄目ですが
目の前でご飯たべてくれるくらい打ち解けてきました。
気を許すとさえずりも。
セキセイの声、鈴を鳴らすようでいい! 
070825.jpg

いつまでも名無しじゃ不便なので
朝、旦那に適当に命名してもらって、
午後に池袋、小鳥のセンター病院へ。
駅徒歩3分の便利な立地…のはずが
なぜか迷子。あんな判りやすい地図で、ありえない…。
鳥かご抱えて、炎天下のラブホ街をさまよう羽目に。
     
今回の目的はセキセイ2羽の健康診断。
受付でカルテ作ってもらいます。
名前いうのが、新手のプレイですかってくらい
恥ずかしかったぞ旦那。
    
女の子は体重31グラム、糞便異常なし。
この子、うんちがゆるいのでそのう検査もプラス。
消化不良がみられるけど、正常。
まあ、どうみても男の子より神経質っぽいからなあ。
男の子は体重38グラム、糞便異常なし。
そのうは見てもらいませんでした。
不詳だった年齢も、推定3~4才と判明。
   
来年の春あたりなら、巣引きもできそう。
この組み合わせで、もしかしたらノーマル緑や
ハルクインが出るかもしれませんよ、と先生。
青系のグラデーションは予想してたけど
そこまでの想像が行きませんでしたわ。
セキセイの遺伝は奥が深そうです。  
  
それにしても、鳥専門の獣医さんは凄い!
      
なまえは、女の子は「いずみ」としました。
娘の命名です。
彼女の大好きな「らき☆すた」の
こなたちゃんかららしいですが、
色も合ってるし、可愛いし、
鳥の反応もいいので、私も了承。
男の子は、朝旦那が決めた「谷口」…。??!
おいおいおいおいおいーーー!
  
「ほんとにその名前にしたよ」って、
診察券を見せたら、旦那大笑い。
…また妙な名前の鳥が殖えました。
にほんブログ村 鳥ブログへ

まないたの上…

ヒト日記
08 /24 2007
あああもうどうにでもして。
0708241.jpg

昨日から今日にかけて、
電話で話しながらも
何がいい選択なのかわかんなくなってきています。
悩みつつチュチュをカキカキ。かわええよお前。
0708242.jpg

ピンボケ&季節外れだけど一枚。
好奇心旺盛ですぐカメラにガブリ寄るから、
写真撮るのが特にむずかしい子です。
にほんブログ村 鳥ブログへ

嫁に出します!(白ボタン里親募集)

鳥日記・雑
08 /22 2007
8/28追記
里親の募集は終了いたしました。
ありがとうございました

-----------------------


我が家のボタンインコ「チュチュ」の里親様を募集します。
良いご縁があれば、お嫁に出したいと考えています。
chu082.jpg


【現在の名前】チュチュ(変更してかまいません)
【性別】雌
【年齢】不詳。2006年春に若鳥でお迎え。推定1歳8か月前後。
【羽色】白ボタンインコ(パステルブルー)
【繁殖歴】なし。発情→産卵を2回経験。すべて正常卵。
【病歴】なし 鳥専門病院にかかっていないので
    そのう検査等はしたことなし
【状態】手乗り崩れ。手には乗りませんが
    人の肩や手には自分から飛んできます。
  
無償でお譲りとなりますが、条件をつけさせていただきます。

・現在、家でラブバードを飼育されているかた
・ボタンインコの過激でお茶目な性格をご存知で
 生涯面倒をみていただけるかた
・放鳥の習慣がある子なので、
 1~2日に一回は飛ばしていただけるかた
・繁殖の場合、ボタン(できればブルー系がいいなぁ)に
 つけていただけるかた
 コザクラ、八重桜に付ける予定のかたはお断りいたします。
 (八重桜を否定しませんが、
血のつながるさまを見たいのです)
・引き取り後の報告義務はありません。
 (でも知らせてくれれば泣いて喜びます)
 
性格は人懐っこく好奇心旺盛。
遊ぶの大好き。お風呂好き。
扱いに慣れている方なら、
完全手乗りに戻せる可能性もあります。
0708212.jpg

    
チュチュは、飼えなくなった身内から
無期限の一時預かりとして引き取りました。
引き取る時点で「煮ても焼いてもよい」の
言質はとってあります。
その方が、再び飼える状態になったにもかかわらず
引き取る意思がないこと、
幼児を含む家人に負傷者続出で洒落にならないため
一緒に遊べるサイズのラブバードは
当面、増やすことができないこと
コミニュケーション好きな子で、
マメ等のほかの籠に遊びに行きますが
誰とも交流できず事実上の一羽飼い状態なこと、
ある程度大きくなるまでショップで複数飼いだったので、
ボタンインコ語の基礎は大丈夫な可能性が高いこと
年齢的に、ほかの鳥と出会ってペアになるには
ぎりぎりと思われること
最近、これにまでなく人間を口説きはじめ
見ている私が切なくて辛いこと
 
このような経緯があり、今回の記事となりました。
  
こちらも、預かっている以上
できるだけの環境を整えてきましたが、
かえってそれが災いしたようです。
うちで可愛がって大切にしている子ではありますが、
彼女のためには、ラブバ飼いさんで
パートナーを探している方に
差し上げるのが最良ではないか、と判断しました。
    
当方、東京23区内在住です。
都内近郊でしたら、駅までお届けすることも可能です。
手渡しのみで、発送は対応いたしません。
必要なら、現在使っている籠をお付けいたします。
  
我こそは! というかたのお申し出
お待ちしております。
(コメント欄を、「管理者のみ」にして
 メアドをお知らせ下さい)
0708211.jpg

VFSH0039.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ

モルはまだまだ青いです

鳥日記・雑
08 /17 2007
0708171.jpg

子供にせがまれ笛ピーヒャラ大会。
(…吹くのは「ハレ晴れユカイ」だったりする。
 幼稚園児が踊ってるのは可愛いが教育的にアレかも)

モル坊もきゅるるるー。
普段ださない声を出していました。
でも楽器は見慣れなくて怖いらしい。
かじれる材質だけど、試さないのね?
  
以前、脚が弱いかもと書いたモルですが、
私の取り越し苦労でした。
心配おかけして申し訳ありません。
思うように脚が開かなかったり、
べったり座っていたのは、
単に幼かったからのようです…。
07080172.jpg


毎日元気にセミのように飛んでます。
思うとおりにモノを掴む足になりました。
お姉さまをいっちょまえに口説いてます。
あまりにもストレートで怒られます。
寝るときは止まり木で大人っぽく寝ます。
そして寝ぼけて落ちてます。
ひまわり剥けます。サフラワーぼくには固いです。

まだまだおこちゃまです。
  
でもって、この子、かなりの軟体。
いつ見てもくねくねアクロバティック。
更に羽もまだふわふわ。
この子の母さんも「軟体美女」の
異名持ちだからねぇ。。
この身体の柔らかさは血かもしれん。
  
この子の弟妹が里元さんのブログに初お目見え。
7羽兄弟にびっくりだー。
無事にすくすく大きくなりますように。
そのうち、マメ押し画像が見られるかな?

仲良しの2羽、手乗り風

鳥日記・雑
08 /17 2007
そら&るんちゃん、最近落ち着いてます。
ふたりでいるほうが情緒は安定するみたいだ。

珍しくヒトの手の上でまったりガジガジ。
この子たち、特にるんは
手乗り崩れもいいとこなんですが
たまーにこういうことがあってぬか喜びします。
07080161.jpg
  
予想通り、そらはるんにすこしずつ毟られています。
まず背後から風切り羽か尾羽をわしづかみ。
お尻周りや翼で隠れる脇腹、太ももなんかを羽繕ってあげる。
そして、腰の瑠璃色まで来るとぶちっと引っ張る。
07080162.jpg

るんたん、怖いです。
毟り取った未完成の羽根くわえて、「ふうぅ…」って
快感を堪能するかのように、一瞬動きとまるの。
ホラー映画じゃないんでやめてほしい。
  
そらちん、嫌がってキュキュと泣き入れてます。
ちょっと腰ひねって逃げ体制なりますが
それ以上抵抗しないの。あんたって…。

それ以外はいつもべったりで仲はいい。
放鳥後、そらに籠をえらばせたら
まつもとさん籠に入っていった。
そしたら独りになったるんはぎゃんぎゃん呼び鳴き。
 
元の籠に2羽で収まればいちゃいちゃ。
るんちゃん、旦那候補だいじにしてやってよ。
こんな辛抱強い幼なじみなんて、もう出会えないんだから。
にほんブログ村 鳥ブログへ

セキセイインコが増えました

鳥日記・雑
08 /14 2007
まぴがゆっきーに噛まれて流血した夜
掲示板で見かけた一件の書き込み…。
ああああ朗らかで友好的な彼らに癒されたい!
 
もらっちゃいました。
女の子、びびって男の子にひっついてます。
男の子のしかかられてつぶれてます。
07080143.jpg

手乗り崩れですが、本人がやる気を見せない限り
鑑賞鳥モードでまったり暮らしてもらおうと
思っています。
07080144.jpg

女の子、黒が薄いんだよね。
何か隠し因子持っていそうな気がする。
07080145.jpg

この組み合わせなら
コバルトやバイオレット出せそうだ…。

いやいや。
増えないから。
にほんブログ村 鳥ブログへ

噛まれても

鳥日記・雑
08 /14 2007
発情のタイミングが合ってるのかもしれない、
まつもとさんとゆっきーさん。
仲良くしてるなーと思ってデートさせてたら足噛まれた。
爪の半分以上がもげてかなり出血。
治るかな。爪欠けにならなければいいんだけど。
07080141.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ

2泊留守の顛末

鳥日記・雑
08 /13 2007
0708121.jpg

ガサゴソいう鳥入り紙袋を抱えて
帰省してまいりました。
移動組はモルとゆっきー。
狭いケージにゆっきー姐さん怒り大爆発です。

心細くなったモルがよぶ

ゆっきーが返事

モルが答えて普通の声で鳴き返す

そのうち興奮してボタンの如く猛り鳴く
 
指定席にぴよぴよ声。恥ずかしい。
一羽だと普通のマメ鳴きの音量なんですが。はぁ。
07080122.jpg


窓際を気に入っていた様子。
林と海、そして空が遠くまで見える、
眺めのいい場所です。

そして、問題の留守番組。
無事でした。生存してます。元気です…が。
 
真夏に2泊は無理でした。
ごめんなさいもうしません。

餌は十分持ったのですが、
水がありえない不透明度の物体Xに。
ごみの混じらなかった容器も白っぽくもやのかかった色合い。
特に糞の入り込んだ器は…抹茶色のどろどろ。。
おいらが飲んだら絶対お腹下す。つか飲めません。

次回は何か対策します。
   
それでもちょっといいことがありまして。
そら&るんペアに入れた巣箱の入り口に
ちょっとだけ噛み痕がついていました。よしよし。
エッグフードはあまり減ってません。
羽根が少し落ちてましたが、自然のものか
毟られたかは判断できません。もう少し様子見です。
たぶん、まだ縄張り意識は芽生えてませんね。
籠に手を入れると嫌がらないで乗ってきますから。
にほんブログ村 鳥ブログへ

巣箱いれましたの。

鳥日記・雑
08 /08 2007
マメのそら&るん、同居に踏み切りました。
ちょっと早いか?! と迷いつつ巣箱をかけました。
写真は掃除中につき移動されたそら&まぴ。
そら、むしられるかな。きっとむしられる。
この子達はるんちゃん巡って戦う恋敵でもあるので、
ふくふく兄弟2ショットは見納めかも。
0708081.jpg

るんはすごく綺麗だ。この子の目元が私は好き。
とかいう割には変な写真。
0708082.jpg


夏の繁殖はお休みするのがセオリーですが、
うちは常にゆるーい冷房が入っていて温度面の心配がないこと、
(人間はもっと暑くても平気。でも30度以下でないと
 熱帯魚サマが茹で上がって死亡する。もったいない…)
それから、普段ぎゃあぎゃあ走り回って五月蝿い子供が
田舎のおばあちゃんちに先にお泊りに出かけまして
…この機会を逃すものか!! と。
後追いで大人も鳥を残して帰省するので、
留守番ついでに静かな家で愛を語っていただこうという魂胆です。
0708083.jpg

    
籠はHOEI35手乗り。
(ちなみにパステル塗装タイプ、大瑠璃小鳥店さん扱い。
 色が違うだけで何故かファンシー。居間に置く人にはいいっすよ。)
セキセイ巣をかけてます。
中に巣材としてパインチップをたーっぷりめに。
残念ながら違う材質のものは入手できんかったです。
ブランコは狭くなるけどとりあえず入れる。
これはるんちゃんのお気に入り。
横は目隠し。
餌はエッグフードと、モルの食べ残した粟玉も入れて
超高カロリー仕様。
さあ、何となく何かしたくならない?>そらちん
    
で、鳥を置いて帰省しなくてはなりません。
大人も2泊3日するので、本当に家を空けるのが嫌なのですが
背に腹はかえられません。
あああ。車なら全員連れて行っちゃうんだけど…。
「餌、水、温度」のライフラインを整えます。
----------
・餌は容器に満杯。とばないようカバー付ける。
 副食の餌入れはたくさん入る大きなものに交換。プラス粟穂
・水入れは普段外しているカバーをつけて汚れにくく。
 あえて水道水(カルキの効果に期待…)
 ほこりの入りにくい籠の上方にもうひとつ。
・腐るから青菜やサプリはあえて入れない。
・部屋のカーテンは閉め、温度変化を最小限に。
 エアコンはかけっぱなし。
-----------
生き物残しての外泊は後ろ髪ひかれます。
見てもらえる人がいるならそれが一番です。
0708084.jpg
  
まだ幼いモルは連れて行きます。
できれば、とんでもなく水を汚しまくるゆっきーも連れて行きたい。
2羽分のキャリーはスタンバイしました。
横にある紐は茄子閂の代用。
万一キャリーを落としても外れないよう使っているものです。
  
では、カサコソいう得体の知れない荷物を持って、
帰省電車に乗ってきます。
にほんブログ村 鳥ブログへ

ま、嘴を鍛えるジムみたいなもんだ

鳥日記・雑
08 /07 2007
ボタンインコはかじるの大好き。
で、籠の一角はがじがじコーナーと化しています。
いかの甲羅に、桃形トリート、
これならどうだ! と与えたリス、ハムスター用の玩具は
既にいい塩梅に丸っこくなっております。
止まり木の残骸(!)は、頭カキカキ用の孫の手として
第二の人生お過ごし中。
ヒトが食べ終わった後投げ込むアイスの棒は、
みごとなまでに繊維化。
0708071.jpg


あとは足腰強化用に回し車だな。
え?
0708072.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ

匙一杯の重さの命と

ヒト日記
08 /07 2007
うちで最初に飼ったマメルリハは、
アメリカンホワイトとイエローのそら&るんで、
生きたマメを見たのもこの子達が最初でした。
色変わりは体が小さいと聞いていて、
心配しながら陸送で迎えて、幸い元気で今に至ります。
 
そら&るんが来た直後、
引越しされる人からゆっきーさんを譲り受けました。
当日まで写真は確認できず、
現地でご対面でしたが…最初はびっくりしました。
換羽中とはいえ、ふわふわの羽。
ピンクというより肌色の嘴。
若鳥のそらよりちいさな身体。
正直、なんかビンボくさくて、
おなじマメルリハとは到底思えなかった。
  
前の家でも可愛がられていたのは、
引き取る時の女の子の半泣きの表情と、
鳥の慣れっぷりからわかります。
  
うちに慣れてくれて、換羽も終わって、
体重も何とか20グラム台後半にのるようになり、
今ではそらと同種に見えるまでになりました。
でも、あまりに小柄すぎる体格や纏足みたいな足輪のツケは
この子に一生ついて回ります。
嵌めていた市販の割輪は、脚の成長を妨げていました。
今も左右で太さが違う脚。不自然な関節。
体格も、親の組み合わせだけじゃない、
後天的なものに影響を受けていると思う。
  
この仔をだしたブリーダーは誰だ、と。
まだできる努力があるんではないかい? と。

アマチュアでもブリーダーを名乗る人は
頭でっかちなくらいに勉強して欲しい。
以前、売りに出されいたマメルリハのスプリットを訊ねたときに、
「スプリットって? 知りません」と返答されたのは
大ショックな出来事でした。
      
確かに私は頭でっかちで知識先行型。
あんま褒められたもんじゃない自覚はある。
英語読めないから原書はあたれないけど、
一部は親切な人によって紹介されてるから、
ネット上でも断片的な情報くらいは得られる。
知っていれば避けられる人災はまちがいなくある。
生き物だから当然、完全はない。でも確率は下げられる。
     
某ペット通販に、盲目のアルビノマメの写真があります。
あれは一種の踏み絵、警告の鈴だと思ってる。
不幸な仔を出さない努力はできますか、そして
どういう仔が生まれても、ちゃんと受け止めらますか。
  
ブリーダーさんが行う新種作出のためのインブリードを
否定はしません。
でもね、固定化できた品種に関しては
今度は健康でしっかりした身体ができるよう、
頑張って一般におろしていってほしい。
購入し、命を受け止める側として
そんなことを思います。
     
ブルーパステルを探す途中行き当たる記事は、
偶然なのか短命にして命を落としたというものが
散見され、へこんでて。
まとまりのない記事になってしまいました。
  
くじけて消してしまったらごめんなさい。

にほんブログ村 鳥ブログへ

おべんとつけて

鳥日記・雑
08 /04 2007
モル君ですが、最近サフラワーの殻を
自力で割れるようになりました。めでたい。
小粒のヒマワリも、へたっぴなりに自分で剥いてます。
いっしょーけんめいたべてます。
えんえん食べてます。途中水飲んでまた食べて。
0708031.jpg

くっつけてるのが変な顔で写真撮った。
0708032.jpg


そしたらヒトの指になすなすして剥がした。いやん。
0708033.jpg

 
今シードとペレット、2対3くらいですかね。
エッグフードはマルカンのをあげてたけど
あまり食べないのでやめようかと。
(うちのマメには評判悪い。。)
   
ちょっと嬉しかったのが、昨日こうやって指に乗せたとき
「ぎゅ」と力を入れてバランスが取れるようになってたこと。
いつもフニャーっとしてて、一度握った足を開けなくて
すぐ滑ってたりしてたのに。
このまますくすく大きくなあれ。おねがいだから。
しっかり飛ばせて身体は鍛えてます。
かーちゃんは、肩のしっかりしたマッチョ系が好みなのです。

にほんブログ村 鳥ブログへ

水面下の鮫のように

鳥日記・雑
08 /02 2007
携帯のカメラ(3.2M)で撮影していますが
頻繁にブログに写真を使うようになると
処理の速いデジカメが欲しくなります。
 
さて、ゆっきー姐さん。
こうしてると可愛いんですがねぇ…。
0708021.jpg
 
換羽がはじまったせいか、
はたまたお年頃なのか、
噛みが激しくなってきました。
彼女の場合、標的に静かに狙いを定め
一気に走りよりがぶりつく。
おまいはスナイパーですかゴルゴ13ですか。
 
マメは噛む力が強いですね。
声をあげずに平然と押し返すようにしていますが
結構痛いです。
毎朝、心臓が止まるような痛みで噛むボタンインコより
数十倍マシではありますが。
にほんブログ村 鳥ブログへ