頭かくして尻隠さず

鳥日記・雑
02 /28 2009
0902285.jpg

私はあんまりやらないんだけど、
うちの人、手乗り訓練中の子に関しては
籠の上アミをまるごと外して
鳥を出し入れします。
  
彼曰く、おおきくあいているほうが
出し入れがかんたんなんだとさ。
  
そして、ペーター氏。
これで籠の中の安全地帯に戻ったつもりらしい。
おじさま、はみだしヒップがキュートです。

0902287.jpg
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

荒マメ・アルプス夫妻の冒険

鳥日記・雑
02 /28 2009
所用で長時間出かけていて、夕刻家に戻ったら
…荒鳥緑マメ夫妻の夫、ペーターさんが
あきらめた顔で旦那の手に乗っていました。
0902281.jpg
  
どんなまじない使ったんですか(^^;;;;
つか、その魔法の手を私にもっ。
  
繁殖用ペアと聞いていたし、うちに来てからも
すぐびびって壁面に張り付いていまして
私は手乗りに戻すのは考えていなかったんです。
この子達、手乗り崩れなんですかね。
旦那の首元に頭つっこんで暖を取ってる…。

0902282.jpg
そして、ハイジさんも、乗れた…。
  
まだ、手からおやつがもらえるとわかってません。
なので、餌で釣れない。
ここをクリアすると馴らすのが楽になるんですが。
それから、ステップアップもできない。
知らないのか、忘れているのか。
  
ペーターさんは換羽まっさかりで、
風切りも何本かないので飛び方がゆるい。
捕獲簡単です。
ハイジさんは一応飛べますが
旋回ができません。ひたすらまっすぐ飛びます。
 
そして、おとなしく人の身体に乗せられる。
これこのように。
0902283.jpg

予想外の楽しみが増えました。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

鶴サブレ

鳥日記・雑
02 /25 2009
旦那が日帰りで遠出して
群馬銘菓「鶴サブレ」を買ってきました。
なぜ群馬と鶴??? かというと
群馬県の形が鶴が羽根を広げた形をしている、そうで。
(ほんとかいな)
群馬の形を模していたようだが、
持ち帰り時に割れて、すでに形をなしてない…。
0902251.jpg

薄くぱりっと仕上げたハードタイプ。
鎌倉の鳩サブレとは一線を画す味ですな。
ごちそうさまなのでした。

さて、トリの話。
最近、ブログに写真がだせないでいたゆっきー姐さん。
相変わらず小姓ジン君とべったりで暮らしています。
ジンのボリュームに対し
0902252.jpg
 
姐さんのこの小ささ。
0902253.jpg
 
正面から見ると異様さがよくわかります。
0902254.jpg

こんなのを晒すのもどうかなと思わなくもないですが
うちで今実際に起きていることで、
そしてこのブログは飼育日誌。
   
毛引きの悪癖が常習化してしまい
いまは背中まで丸裸です。
いつまで風切りに手を出さずに我慢できるか。 
もともと華奢な子なので、
あまり長引くと体力消耗が怖い。
 
発情の波と毛引きが関連しているようだけれど、
パートナーと引き離したストレスが
最初の毛引きの引き金だったので、
単なる発情止めでペアを離すのも怖い。
   
餌や環境で柔らかくコントロールかけようと
努めていましたが
もうちっと踏み込んだ対策を取ろうと
情報収集中です。
エリザベスカラーや、なめると苦いスプレー。
嫌がるだろうなぁ。
  
人間を大嫌いになってしまった手乗り崩れ。
彼女の人生の質を高めていく、って
どうしたらいいんだろう。
いまは籠からも出ようとしません。
  
卵管の手術をきっかけに何かが狂って以来、
常に底にある疑問であります。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

お茶の時間

鳥日記・雑
02 /22 2009
ちとリアルで忙しいんですが、写真すこし貼り逃げ。
0902221.jpg

0902222.jpg

政宗×スゥ。
仲良しを眺めながらのお茶は和みます。
 
ココットの中は普通のミックスシードですが
新しいものを入れてるので、
好きな餌を選べて楽しいみたい。
ひまわり・麻の実の類はすべて手渡しです。
後ろの小さなタッパーが麻の実入れ。
これをしゃかしゃか振るとトリがばばーっと飛んできます。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

がんばれ春日君

鳥日記・雑
02 /21 2009
ぶっとび系だった12月うまれ6号君は
「ココ」という名前をもらって元気にしてます、と
お知らせが届きました。
命名はお孫さん、飼い主は祖父母さん。
中継してくれたかたは「おとなしくて可愛いよー♪」
って…いや、それ、多分マメとしての本性を
出してないだけじゃないか?!
0902211.jpg
うちにいた頃の幼い写真。
どっちがるみぃ君かココ君か自信ないなぁ。
手前が兄で奥の餌箱にいるのが弟、かなぁ。
目元が違うんだ、この兄弟。
  
私の感触では、男の子のほうがおとなしくて
噛みにも理性があるように思いますね。
いや、女の子達もかわいいですよ、もちろん。
 
そして、この冬生まれで最後に残った3羽。
この子達にも名前を渡しました。
出戻りAW長男坊は「らい(雷)」。
図らずも兄鳥の「てん(天)」と対になりました。
0902212.jpg
  
アマゾネス2号姉ちゃんは、体格よし性格よし、
極上の手乗りに育ちました。
もう手放さないもんね。「はな(華)」ちゃん。
0902213.jpg
 
パステル5号もバランス取れた子。
陰のある感じが大人びてる。「コウ(絋)」
0902214.jpg
  
ハナとコウの姉妹はものすごく飛ぶのが上手いです。
スピードも切れ味もいい。安心してみていられます。
  
0902215.jpg 
これは荒鳥緑夫妻より、ペーターおじさん。
換羽がすすんで、緑の鮮やかな羽根が見えてきました。
まだらまりも~。
籠の前に人間が立ってもばたつかなくなりましたが、
まだカメラは無理です。
  
0902216.jpg
そして、みくる姉ちゃん。
可愛い女の子とちいさな男の子ばかり好きな彼女、
新しく来たBPのダンディとお見合いしています。
  
流血マッチにこそならなかったけど、
ずーっとにらみ合い、別行動していた彼ら。
パンチDEデート(古っ)ではなく、
どうみても「どすこい!!」な方の見合ってでした。
 
でしたが!
昨夜、カキカキしあう2羽を目撃。
今朝も同じ止まり木に離れて並ぶ2羽。
いける? 組める?
   
なかなかテクニシャンな口説きっぷり。
がんばれ愛の伝道師2号!
 
このダンディ君の元親さまには申し訳ないけど
なぜか、どうしてかオードリー春日氏を連想させる…
いや、でも、妙な命名をして動物病院で
恥ずかしくて悶えるのは自分だし…と、
いま気持ちが揺れているのでした。
 
名前については改めて本鳥にゆっくり訊かねば。
ね、春日君(違)
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

すくすくクゥちゃん

鳥日記・雑
02 /20 2009
3号ちゃんの里親様から元気な近況が届きました。
もらった名前は「クゥ」君。
現在体重28グラムだそうで、見事にがっちりお育ちです。
20090215.jpg

(お借りした写真につき転載不可)
 
こうしてオカメと並ぶと、マメはほんとうに
コロコロしてますね。
仲良くおやつをついばむ姿がかわゆすねー。
先住のセキセイさんとオカメさんと、
にぎやかに暮らしているようです。
  
この子は挿し餌の段階でお渡しでしたが、
切り替えがうまく行かなくて、
里親様がかなり苦戦しておられました。
かかりつけ病院からの指示は、
なんと昼夜とわず一日6~7回の挿し餌! どひゃー。
睡眠不足を乗り越えて、無事挿し餌卒業です。
  
これからもみんな元気で暮らしてね☆
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

絵本「くまとやまねこ」

鳥雑貨
02 /20 2009
トリが出てくる涙腺崩壊絵本としては
あきばたまみさんの「インコの手紙」が有名ですが
http://www.funeiro.jp/works/akiba-flv/flvplayer_emb.html
 
こちら、破壊力抜群でしたのでご紹介。
「くまとやまねこ」
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032058820&Mail_id=2003&Action_id=121&Sza_id=B0
0902191.jpg

綺麗だけど渋い絵です。
内容に関しては詳述は避けますけど、
小鳥に関する描写が、もうね、この作者絶対飼ってたことが
あるだろうと思わせます。それだけに、切ない。
  
絵本は新作は一度店頭から消えると出会いにくくなりますが
いまはまだ、平積みで並んでいることも多いので
一度手にとって、読んでみてください。
大人ならすぐ読み終わりますから。

にぎやかなSC内の書店で立ち読みして、不覚にも涙ぐんだのは内緒だ。
でも、子供に読ませて反応みたけど、いたみをわかってくれなくて。
理解するには相応の経験値が必要なんだろうな。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

食べて寝る子は育ちます

鳥日記・雑
02 /19 2009
これは、「恋する小鳥」さんの記事とすこし絡んできます。
専門家の先生が「自立前の雛と遊ぶな」といったり、上の「恋する~」の記事でも好きに遊ばせすぎるのはどうかと提起しておられる。
 
その一方で、私はいままでブログ上で
「雛をこねこねして慣らす」
と表現して来ました。上と相反するようですが、向いている方向はだいたい同じです。ここらへんの我が家的匙加減について、超まとまりないですが書いてみますね。
  
アップする前に時期を逸した感はあるけれど…。
HDDの中で寝かせておいても何も起こらないから。
0902181.jpg

 
裸の挿し餌雛は、巣箱にいる場合は、まっくらな中で食べるか寝てるだけです。
ですので、人間が育てる場合もこれに準じます。餌の時間以外は相手しません。
ふご巣か、プラケースの場合はタオルで目隠しをして、
人の姿が目に入らないようにしてしまいます。
でも、そこは手乗り向けの雛。餌を与えるときは手に乗せ声かけし、
人間の気配を存分に感じ取ってもらっています。
お腹がいっぱいになるとすぐうとうと。
ふごのふたを閉める前に少し撫でたりすると手にすり寄ってきます。
数分お互いの感触を楽しんで遊びます。
羽根が開いてきている子はカキカキに慣らします。
ぷるぷる喜んで、「もっと」と頭を差し出されることもしばしば。
親鳥も、餌をあげずに雛をあやすだけの時があります。
それを擬似的に指でやってみてます。こねこね。
 
でも、この時期は基本的にほとんど遊びません。
寝て食べるのが、赤ちゃんの仕事だからです。
   
本格的にこねはじめるのは、羽根が完全に開ききり、でも初飛行する前。
挿し餌のあとに遊びます。
ニギコロを仕込む子はこのあたりか、少し前から。
私がよくやるのは、2羽ほど薄暗い襟元に入れてナデナデ。
そのまま本読んだり、パソコンの前でキーボード打ってたり。
震える人間の声帯や鼓動、匂いなどに慣れてくれるかな…なんて。
 
でも、やっぱりこの時期でもせいぜい20分くらいですか。
長時間は駄目です。
人間のほうが鳥より体温が低いので、
長時間だと熱も体力も奪ってしまいます。
   
そうこうしているうちに初フライト。
餌も切り替えが始まって、難しい年頃になります。
ねね家が鳥を飛ばすリビングは吹き抜け天井。
かなりコントロールしづらい構造です。
手加減知らない雛たちは、挿し餌そっちのけで、
大人マメが行かないような高さまでぶっ飛んでしまいます。
そうなると、自力で降りてくるのを待つしかない…。
 
 
鳥は飛ぶときは飛ぶもの。
我が家限定でいえば人為コントロールは限界があり、ならばいっそ
正しく筋肉を使えるようにガンガン飛ばそう、胸筋をつけようという考えです。
ただ、いまのところ自分が育てた鳥は軽めに仕上がるという現実があり、
どうやら再考の余地はありそうです。
(飛ぶのは皆半端なくうまいし、筋力はあるけど…ほっそりしてる)


少し暴れまわると、この時期はすぐに疲れて落ち着きます。
そうしたら挿し餌して回収、手に乗せてなでくりまわす。
適性がありそうな子はニギコロ練習も。
この時点でも挿し餌含めて6羽で30分。
出しっぱなしにすることはないです。
  
この時期の子は好奇心旺盛。
でも、幼いから体力が追いつかない。そんな感じ。
「向かい合う」訓練をするのもこの頃。
1羽だけ別室に連れて行って、人間しか頼れない状況で向かい合う。
人間にはりついておとなしくできること。
プラケースに入れて目隠しし、しっかり餌と向かい合う。
ごはんを自分でたべること。
そのうに粒々がしっかり入るようになれば一安心です。
   
人間の子供と似てると思います。
遊園地とかで、夢中になって遊びつかれて
寝ちゃうのは可愛いんだけど、
本当は遊びつかれる前に家に戻って、
ご飯食べてお風呂に入ってお布団で寝せるべき。
 
トリの雛も、多分そう。
人間と触れ合うことも大切だけど、身体を作るのも大事。
かわいくてたまんない時期だけど控えめに。
疲れちゃう前に籠に戻す。
この加減がわからないなら「遊ぶな」くらいの
表現で丁度良いくらいなのでしょう。
  
完全に切り替えが終わった、12月生まれの子達は
朝と夕方、この子達だけで20-30分ずつ遊ばせています。
ここ数日、夜はおとなしい大人マメに近づけて様子を見ています。
飛ぶスピードとか咄嗟の反応が先住鳥に負けないようになれば、
一緒に放鳥するようになります。
これが正解かわからないけど、うちはそうです。  
     
我が家は、健康な大人の鳥でもこんな不文律があります。
・餌をついばんでいるときは相手しない。
・昼寝しているときもそっとしておき近づかない

 
餌と睡眠、この2つ、生命活動に直結しています。
なので、人間と遊ぶより優先してほしいのです。
  

鳥は本能的に不調を隠します。被食者らしい本能です。
それゆえ、小さな異変に気づいたら様子を見ないで
すぐ対処したほうがいい。
後で、たいしたことなかったとわかったなら
それでいいのだから。
  
気づいたときにできることをする。
たら、れば、ではなく、これからできることに力を割く。
一度やった失敗は繰り返さない。
  
そんな積み重ねが、小さな命を守ることに
つながるんじゃないかなぁと思うわけです。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

リンク追加しました『豆貴族』

リンクの広場
02 /18 2009
2/15付けの記事、データが飛びました(><)
コメントも付いていたのにごめんなさい。
0902141.jpg

気を取り直して…
nnさんの「豆貴族」リンクいたしました。
ちょいタイミング悪いかなー(汗)
http://mamekizoku.blog56.fc2.com/

我が家から12月生まれのブルー長男が新幹線にゆられて行きました。
「るみぃ」という名前をもらって、元気にがじがじしている模様。


いろんなことを乗り越えて
すくすく成長して行きますように。
0902142.jpg

0902143.jpg
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

ぼっさぼさ

鳥日記・雑
02 /11 2009
0902111.jpg
我が家のミスター虚弱体質・AWてん君です。
昨年10月うまれ組で唯一家に残留しています。
(というか弱すぎで里子にはとても出せなかった)
いつまでたってもみそっかす扱いな彼も、
とうとう雛換羽の時期に突入。
ちょっとカキカキすると、羽根がぼろぼろ落ちるー。
肉も薄いし、ご飯ゆっくり食べるしこぼすし、
ちゃんと綺麗な羽根生えるかな…。はぁぁ…。
  
0902112.jpg
こちらは1号お兄ちゃんとフロッケ君。
お兄ちゃん、なかなか元気者です。
フロッケ君は誰が隣でもこんな感じでもっちりさん。
  
どうでもいいけど背景がえらく汚くってお恥ずかしい。
パソコン置いてるタコ部屋で撮りました。
うしろに、旦那のカメラ&レンズ棚が写ってます。
銀塩の一眼レフの出番、激減というか全然ないみたい。
レンズはそのままデジタル一眼にも使ってますが…。
   
この10年でのデジカメの進化、すごいです。
ここまで追いついて、追い越そうとされるとね。
旦那の愛機といえど、過去の遺物状態になってしまうのも
やむなしかな。
  
ブログ+動物写真はデジタルの恩恵をフルに受けています。
惜しげなく、いくら撮影失敗しても消せるのが、
すぐにデータ読み出して自分で処理できるのが
とても便利でありがたい。
すごく楽しいね~技術が進歩するって。
  
結構、古いの新しいのいろんな機械物がある家に
住んでいるのですが全然使いこなせてません。
Web上でやりたいことは一杯あるんだけど、なかなか。
  
悩む前に手をうごかさなきゃ、なにもはじまんない。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

切り替え完了

鳥日記・雑
02 /09 2009
0902091.jpg
お気に入りの場所で窓の外を眺めるスゥ。
雛の頃から、気づくとここへ入り込んでいました。
後ろの籠の住人は落ち着かなくなってばたばたするけど、
そんなの彼女の知ったこっちゃない。
  
ちょうど生後半年。お年頃といえなくもない。
鳥相手だと意外なまでに亭主関白でひどい政宗くんに
よく尽くしてくれてる。
  
子育て、してみる?


雛たち(という大きさではもうないけど)、
全員切り替え完了しました。あとは自分で食べなさい。
体重はだいたい27g-26g。ホワイト兄貴だけは24g←軽すぎ。
最後までダメージ取り戻せませんでした。
  
若鳥たちは、これから半年かけて一回り大きくなります。
しっかりバランス良く食べさせ、運動させて筋肉をつける。
小柄でもやせっぽちでも、まだ育つ余地があるから諦めない。
完全には追いつけないけど、ある程度はリカバリーできるから。
上手に育てて換羽を乗り切れば、ぴたっとなめらかな羽根の、
むっちむちのトリさんになるはず。
それぞれ、現在の数値から2,3gくらいずつ肉をつけたいものです。
 
数値化しての管理は苦手なんですがね(^^;
毎日は量らないけど、時々数値をとってはチェックしております。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

お前もか

鳥日記・雑
02 /06 2009
次に出て行くのは、ブルー弟。
日曜にお渡しです。
ええ、やられました。
8日渡しの「ようかちゃん」……。
0902061.jpg
 
そのようかちゃん、若干ぶっとび癖が強い。
付け焼刃で調教中です。
アップはできるんだけどー。
顔はかわいいのだけどー。
1羽で向かい合うと多少落ち着くので、
何とか行けるかな? 僕はできる子っていって!
  
実際に遊んで見てもらって、
お迎えの最終判断をしてもらいます。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

いつかちゃん

鳥日記・雑
02 /05 2009
シェリー家の7兄弟の一番下、
パステル末娘が今日出て行きました。
0902051.jpg

5日に引渡し予定だから「いつかちゃん」。
家人のネーミングセンスを疑う…。
普段は、雛に仮の名前は付けないのですが、
今回はいつの間にかつけられてました。
 
末っ子はどこまでも可愛かった…。
  
新しい家で、新しい道を切り開きなさい。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

新人ちゃん、でも最年長

鳥日記・雑
02 /02 2009
ご縁があってお迎えしてしまいました。
グリーンの成鳥ペア。
急な話だったので、とりあえずの狭い籠で
ごめんなさいです。
もちもちひっついてるのがマメっぽくて可愛い。
しかも雄の顔がおっさんの癖に可愛い系。
換羽途中みたいなので、揃うのが楽しみ。
0902021.jpg

離れたところから望遠で撮っています。
近づくと、怖がって壁にはりついてしまう。

グリーン男子は初めて。荒鳥マメも初めて。
我が家はテレビのある居間+幼稚園男児という
騒がしさダブルコンボな環境で飼っているので
馴れるまで時間がかかるかもしれない。
  
できれば、この子達の子供を見たい。
巣引きに向かない環境でも順応してくれるかな。
うちで今後、荒鳥を入れていけるかの試金石になると思う。
--------

元親さま、ここ見る機会あるでしょうかー。
もし、よかったらなのですが、この子達に愛称をつけていたら
こそっとコメントで教えてくださいませ。
名前も一緒に引き継ぎたいと思います。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

雛たちは大きな籠にお引越し

鳥日記・雑
02 /01 2009
ふにふに可愛い盛りを堪能しています。
0902011.jpg
 
金曜に大きな籠に引越しました。
寮監はブルーパステルのみくる姉ちゃん。一緒に入ってます。
4対1で居心地わるそうです。
ご飯は自力で食べますが、挿し餌を持っていくと
わらわらと寄ってきます。
お腹いっぱいになったら少し飛び回って
最後は人間にもふもふされて籠に帰宅。
 0902012.jpg

少し変わったのが遊びに来ましたよ。
グリーン/ルチノーのリーフ姉さんです。
女の子どうしでくたくた遊んでました。
まだまだ子供ですね。
0902013.jpg
  
手の上で和んでるのは、アルビノのフロッケ氏と
プラケース住まいのブルーパステル末娘と、
その隣のプラケースで養生中のホワイト君。
フロッケ、子供達に右から左からカキカキされて
大人しく受け入れてました。不思議な光景。
0902014.jpg
  
次に出て行くのは真ん中のパステル末娘。
この子にはどんな未来が待っているのでしょうか。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。