安心してください、春日のここ、空いてます

鳥日記・雑
05 /29 2009
といっても、我が家の鳥の話。
ここ最近、恋の花咲いて混乱するので、
今夜は男女別に飛ばしてみました。
0905291.jpg
  
ジェームス春日。
威嚇気味の陸(♂ですよ)をあっという間に篭絡して、
カキカキの仲に持ってったよ…。なんて守備範囲の広い男マメ。
既婚独身、種族だけでなく性別までもがフリーダム。
  
羽衣セラちんは微妙な距離でつつつ…と寄ってっていました。
何となく輪に入りたいらしいです。
-----
週末はでかけるので、メールその他もろもろ返信が遅れがちになります。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

脚輪の話あれこれ

鳥雑貨
05 /28 2009
0905282.jpg
自家産の子達が履いているバードリングです。
マメルリハは鳩やカナリアみたいに協会はありませんから、
それぞれの禽舎で好きなように。いわゆる私製環ですね。
50本セットで注文して作ってもらいます
  
うちの環は緑。「000 CRANE」と打ってあります。
このリングはクローズドリング。
まだ足の細い雛のうちに嵌め、成長すると抜けないという代物。
本来は、これに西暦下2桁を打ちます。
すると、年齢詐称などができなくなるわけです。
もっと手軽な、切れ目の入ったオープンリングもあります。
  
うちから出てった子のなかには、
いずれ違う家に移籍するのもいるでしょう。
そのことは私も重々承知してます。
もし、ご縁があって我が家出身の鳥に
出会うことがありましたら、どうぞお問い合わせ下さい。
こちらでわかるお誕生日、親の情報等をお知らせしますね。
   
いちおう、法律のほうでも「個体識別をちゃんとしろ」とありまして
私は必要なのでリングを使ってます。
だって親子親戚、顔も体型も羽色も似すぎて見分けが付かない…。
最初は可愛いって思ってましたけど、今は必要悪って感じです。
危ないので使わない方針の禽舎も実際にあります。
その方は、リングに頼らず上手に管理されているようでした。
  
古い写真(現在はこの並びはありえない)。
るん、まぴ、そらの3羽豆は赤リング。
豆はもちっとしてるので、普段は足がなかなか見えないような気がします。
0905281.jpg

  
油断できないのが、市販のプラ割り環。
写真の小さなほうがそうです。
フィンチだったら全く問題ないんですが
入手しやすい一般的なやつは成鳥マメには小さいです。
雛の一時的な識別用にとどめたほうがいい。
もしプラ割輪が付いてるマメを入手したら、
早目に外すのを推奨。でないと、足、変形しますよ?
ゆっきーさん、脚輪で纏足されてたおかげで足の太さが
左右で違ってるのです。
こっちも無知だったから(そりゃ今でも無知だけど)外すのがぎりぎりで、割れ目をこじあけるのが大変だったの何の…。
 
使ってみたい人、こちらのページがわかりやすかったです。
 
片付け物をしてたら、ゆっきーさんが昔付けてたリングが出てきたので書いてみました。
地味目な緑で、左足なのはここから。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

ぐつぐつぱっぱのきゅうきゅうきゅう

リンクの広場
05 /27 2009
【5/28】リンク一部修正、わずかに加筆。

おだやかな季節、ひなたぼっこが気持ちよさげです。ゆっきーさん。
0905271.jpg

関西マメ連合、花の独身男子の部なおふたりが、
なにやらガサゴソやってますってば。
120x60_01.png
   
煮る炊く試食の会。

要項はこちら、または、またはBean's Bar右カラム参照。
   

実践はこのあたり
Kuroさん家のばあい
市販品の安易な流用は避けたほうがよさそうですね。
マメやっこさん家のばあい
このサラダの概念は楽しいですよ。すんごく。
ここまでしなくても、取り入れられる部分があると思います。
  
試食系といえば、猛者達のコメ含めこの記事は忘れ難い。
  

愛鳥の安全を身体を張って守るその日々。
お心当たりの人は行ってらっしゃいませ~。
 
うちは入会資格まっったく満たしてません。
間違えて挿し餌をなめただけで半泣きになったチキンです。
え、いや、だってバナーかわいい(ry
 
----------
ここからは冗談抜きで。
プラスチック製品の製造には「離型剤」が使われます。
これは簡単に落とせます。台所用中性洗剤なら一発です。
ですので、鳥の舌が触れるものに関しては
手間を惜しまず一度洗浄したほうがよさそうです。
   
玩具や餌入れのほか、プラケースなども。
 
草木は毒性のあるものがあるから、きちんと確認する。
  
なかなか難しいけど、手作りで鳥おもちゃを用意できれば
楽しさも広がります。他用途のものも
うまく活用したいものです。はい。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

雛たちと、怪我しちゃった子と

鳥日記・雑
05 /26 2009
モル達の子はすくすく育ってます。
上はグリーンお兄ちゃん、
下もグリーン。下は妹、なのかなぁ。
0905261.jpg

0905262.jpg
このお兄ちゃん、びびりんちょなのか内気なのか。
隙間にすぐ潜りたがります。
ニギコロも暴れて目を逸らすので無理っぽい。
さすが、かの子の息子だわ…。
頭はかゆいらしいので、せめてもと
カキカキの快感を教え込み中です。
 
0905263.jpg
そして、まー坊&スゥの子達。
3番目のリング付けのために再度出しました。
末っ子以外は目が開いてます。
一番上はブルーではないかと思います。
卵は無精卵が3つ。取り出しました。


この写真の後がまずかった。
完璧に人災です。反省してます。ごめんなさい。
1羽ずつ巣箱に戻したのですが、このとき雛が一羽落下。
戻そうとした政宗が雛を噛んで怪我。
  
3番目の子です。写真のとおりまだ幼くて肌むき出し。
背中に大小2箇所、足の付け根ざっくり、右足は内出血。
獣医さんでちくちく縫われてきました。
 
処方された化膿止めは粉状のタイプ。
振りかけて軽く抑える程度。
「からあげの粉をまぶす要領で…」って
めっちゃ的確だけど、毛のない雛には生々しすぎでしょー
説明に困ってたのはわかりましたが、
苦笑してしまいましたわ。  
   
足は残念ながら処置不可能。障害が残りそう。
縫われた2箇所は、もう毛が生えてきません。
ご飯は元気に食べているので、
あとは治癒力に任せるしかないです。
少しでも障害が軽く済むといいのですが。
 
ハンデを持って頑張っていかなきゃないこの子が
スゥの賢さと、まー君の愛嬌も受け継いでいますように。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

5月中旬の近況など

鳥日記・雑
05 /21 2009
今日はリング履かせるために、スゥの巣箱をあけました。
一番上が10日目です。4羽いました。
初めての巣引きですが、子育て完璧です。
安心して巣箱に戻せました。
ブルーかホワイトになります。
0905211.jpg

0905212.jpg
こちらは挿し餌中の、かの子の子供達。
こちらもまだ色はわからないです。
こんな小さいのに、上の子ってば人間を威嚇するんだよ…
ここ最近の挿し餌ライフで初の経験だ。
  
そして挿し餌の時間になるとこっちを伺う鳥が。
最初の写真のパパ、政宗くん。
挿し餌の残りを狙ってます。
容器の底のをこそげて匙を渡すと、
無駄なく舐めきります。滋養豊富だからいいけど…悪食め。
0905213.jpg


0905214.jpg
羽衣セラちんはぶんぶんぶん。
友達いなくて、最近リーフ嬢に付きまとってます。
同世代のセキセイ探さないと可哀相だなー。
 
るんちゃんは抱卵諦め、っぽいです。
イエローは無理でした。はぁぁ…。
頑張ってるのに、なかなか上達しないのが寂しい。
前回の3羽孵化がまぐれだったのかと。
0905215.jpg
  
グリーンのペア、ハイジたんの所に
生まれたばかりのが2羽。
パステルのシェリーは抱卵中。
そんな感じでございます。
---------
 
この週末はネットから離れてしまいます。
携帯で一応チェックはしますが、ブログコメントやメールの返信は滞ります。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

挿し餌用パウダーフードの溶き方。ケチケチ編

民間療法
05 /20 2009
【2009年5月記事作成】【2010/6/17追記】
我が家から挿し餌中の仔を出すときは、
一緒にパウダーフードを付けているのですが、
「途中で足りなくなった!」というケースがちらほら。
 
一応、マメサイズなら1箱で最後まで行けます。
写真入れて実演してみますね。
我が家はスドーのパウダーフードをメインに使いますが
フォーミュラー等の他社製品でも要領は変わりません。
事前にパッケージの説明は読んでおきませう。

0905191.jpg
  
少数の場合は小さな容器で十分。
ここではお猪口、ティースプーン、デザートカップを
使っています。
清潔な容器にお湯をだばっと注ぎます。
お猪口を温めておくと、少量でも冷めにくいです。

0905193.jpg
パウダーを取ります。
今回は10日程度サイズ2羽でこの分量。これでも余るくらい。
多く作れば冷めにくいですが、余るともったいないです。

0905194.jpg
デザートカップの、少しさめて適温になったお湯をティースプーンで取って
様子を見ながら加え、ダマがなくなるまでよく練ります。
面倒でも微調整がきくので、薄くなり過ぎないですよ。
 
温度は、一度目は温度計できちんと確認してください。
人間の電子体温計があれば、薄いビニールかけて流用できます。
その後は、手首の内側に少しつけてみればわかります。
赤ちゃんのミルクの温度を確かめる方法と一緒です。
   
お猪口をデザートカップで湯煎して保温しながら与えます。
与える方法はスプーンでもシリンジでもお好みで。
私は、混ぜるとき使ったスプーンをそのまま挿し餌に使います。
  
終わったら、すぐに洗って片付けましょう。
落ちにくいときは、お湯をかければ簡単にゆるみます。


ケイティのサイトには使い方説明&動画があります。
(英語になります)
http://www.kaytee.com/pet-birds/general-care/hand-feeding.htm
そのほか爪切りや羽根切りをはじめとする情報があります。
英語嫌でなければ是非♪
------
2010.6追記
あれからいろんなメーカーを試し、この記事を書いた時点ではケイティ社の製品に落ち着いてます。
ズプリームも良かったですが、あの海外って感じのニオイに負けます(^^;
  
溶き方ですが、容器は上の写真と一緒です
・お湯を加えるとき若干少なめにする
・そのままかきまぜもせずに、湯煎状態で放置してふやかす。(この容器なのでだんだん冷めるけど細かいことは気にしない)
・5分~ほどしてから、暖かめのお湯を足して、濃さと温度を合わせる
ように変えました。
  
この「ふやかし」工程はなかなか有効で、粒子の細かいラウディやズプリームも更になじみがよくなります。「コンパニオンバード大百科」のヒナの育て方の稿に準じてます。お持ちのかたは再確認の意味でいちどごらんくださいね。こちらでは15~30分の湯煎を推奨しているほど。
 
また、ラウディブッシュは後半ペレットをふやかし加えるよう指示があります。この場合も
・まずペレットにお湯かけ、数分放置
・その上にパウダーを入れ、お湯かけ放置
・最後に混ぜて調整 
と、ワンボウルで作っておりました。
  

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

挿餌開始。やわやわ過ぎです。

鳥日記・雑
05 /18 2009
0905181.jpg
巣箱開けて雛を出したのが引き金になり…
結局挿し餌スタートです。
こんな小さいのを育てる羽目になるとは。
つぶしちゃいそうで嫌。粗忽な私はもう泣きそう。。
  
リングの功罪はわかってるけど、これだけ多いと
つけないと後で自分の首が絞まる。
  
下の子は生後13日目ですから、
はっきりいって小さすぎます。
でも、生命力とやる気のある子だったから生き残った、と
解釈しています。
昨日撮影。この週末でものすごく成長しました。
羽根の先が黒くなりはじめ、目が開きはじめました。


上の子は日齢相応のサイズ。
びーびー騒がしく鳴かない。静かなんです。
黙ってても親鳥が食べさせてくれたのでしょうね。


るん×まつもとさんの仔は孵化後に死亡していました。
そのうには餌が入っていました。
血が付いていたので、殻からうまくでられなかったかと。
自然の摂理ではありますが、見るのは辛いものです。
  
スゥ×政宗ペアは2羽いるのを確認。
そのあとは巣箱の中を見ていませんが、
えらい数の合唱が聞こえます。ここは楽しみ。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

運がつく

鳥日記・雑
05 /15 2009
いま明石市で迷子になって捜索中のセキセイさん
若い白ハルクインの仔なのですが、
特徴をみて吹いてしまいましたよ。
よりによって、だんご大家族ですかおぃ!
 
更にマニヤっくな台詞を話せるとかじゃなかろうな?
 
件のだんご大家族、こんな歌です。かわいいの。

   
まるい輪がつながって、
無事に帰宅できることを祈りつつ。

------


0905152.jpg
らいちゃん、ちょっと何それ。
こっち来なさい。

0905153.jpg
背中にうんち落とされて背負ってますよ。
でも本人気づかず。
 
0905154.jpg
わーい(ぶわっ)

0905155.jpg
もっとかいてー♪

うーわーその身体でこっち寄るなっっ!
えんがちょ。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

こんにちはです

鳥日記・雑
05 /15 2009
昨日撮影。
モル坊×かの子ペアの雛ちゃん達です。
上の子が日齢10日になります。
まだ目も開いてないやわやわで、本格デビューは少し先です。
嬉しいことにちゃんと2羽、兄弟で生きてましたよ。
0905151.jpg

鳴き声一羽分しか聞こえないから、諦めてました。
分担して鳴いてたな~労力節約ですかもう(^^;
今回の産卵は5個でした。残り3個の卵は中止卵のようです。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

やっちまったなー

鳥日記・雑
05 /12 2009
予定通り、ちいちいと雛の声が聞こえ始めています。
先陣を切ったのはモル&かの子のペア。
  
彼ら(特にかの子ちゃん)は落ち着きがないし、
育児放棄の過去があって心配で心配で…。
巣箱を見たら2羽の雛がおりました。
だけど、かの子がこれで半ばパニック。怒る怒る!!
 
以来、2羽分聞こえていた雛の声が
1羽しか聞こえなくなっちゃった…うわぁぁぁん
 
巣引きしていない子達はまとめて飛ばしていますが
物陰でコソコソ浮気している2羽を発見。
BPのジェームスとBPのつぐみん嬢。
0905121.jpg
  
パステル系をそらペアと異血でもう一系統、と思って
迎えたジェームスさん。
こちらが用意した嫁さんではなく、
違う女の子を口説きにかかってしまいます。
つぐみんだけでなく、リーフとか、コウちゃんとか、
セキセイのいずみ姉さんとか。
  
…この愛の伝道師め。
  
人間のエゴでペアを壊さずに粘ってみますが。。
まったく人間の思うとおりに組んでくれないわ。
さっさと巣箱投入して寝技に持ち込むかなぁ。
一応、本妻?のみくるちゃんともこんな感じで仲は悪くないんです。
手前がジェームス。奥の白いのがみくるちゃん。  
0905122.jpg
籠の中では嫁ひとすじって顔してます。ぷっぷっ踊ってはいます。
               
0905123.jpg
顔を洗ったりっくんはマユゲ鳥。
いぢめすぎて完全に手乗り崩れちゃった。
自分から飛んできて人間の肩で休むような
可愛い末っ子だっただけに、寂しい。
   
雛、今週中にリング履かせます。
状況次第では巣上げ予定です。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

たまにはバラ

ヒト日記
05 /07 2009
やっと咲いたのに、東京は花散らしの雨になっています。
0905071.jpg

鳥たちも少し寒がってます。
かじり木コーン、1センチくらいまでちびたので交換。
久々に仲良く2羽で並ぶ場所ができました。
ゆっきー姐&ジン、昼寝中。
 
0905072.jpg
通称「ビレッジ(コテージ)メイド」。
本家ビレッジメイドの名を奪ってしまった、
本当は違う名前のバラ。
甘い香りに、小ぶりのピンクと白の絞り咲き。
雨に打たれたらあっという間に散ってしまう。
春の、たった2週間だけ美しい花を見せてくれます。
   
元ソースが確認できないのだが…
オールドとして扱われてるけど、これ、
イングリッシュローズではなかったか?
ロサ・ケンティフォーリア・ヴァリエガータ
シュラブ  デンマーク:ポールセン:1992年作出
が、この子の正解のデータ。だと。
  
1845年フランス作出が濃色の元祖ビレッジメイド。
こちらを育ててる人は日本では比較的少ないと思われます。

…鳥ブログで薀蓄たれてどうするんだ私。
つか、販売業者&バラ園公式サイト、
(特に後者)ちゃんと正確なデータを裏づけ取って書いてくれ!


 0905073.jpg
「アルケミスト」。錬金術師。
オールドローズ、元祖黄色バラだったかな。
咲き始めは黄みの強いオレンジ~だんだんピンクに。
名前萌えで育てています。
タロットの「魔術師」のカードが好きなんです。
何かが起こるそのわくわく感が。
  
昨秋~今春はここ数年来というくらい
植木に構ってなくて、花付きは例年の半分くらい。
黒点も例年以上にひどいです。
それでも生きて花が付くのはすごい。
ミニバラはこの春はズタボロです。
花芽はぱらぱら散見されますが写真は無理なレベル。
 
手をかければ美しく、それなりならばそれなりに。
バラって私にとってはそんな感じのイキモノなのです。
  
  
物心付いたときには自分の鉢を持ってました。
父からまるで駄菓子を買うようなノリで、
季節ごとに鉢花を買ってもらって育ちました。
みどりのゆびは父から受け継がなかったけど
それでも植木いじりは一生やってるんだろうなぁ。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

来年のことをいうから鬼が笑うのさ

鳥日記・雑
05 /01 2009
年一回の動物取扱業の講習案内が来ました。平日の1日を使って、1000人規模のホールで話を聴きます。日付を6,9,11月または来年2月から選べと。さっくり2月に丸つけて返送です。さっさと忘れる前に行きたいのは山々だけど、前3回はだらだらと挿し餌雛がいそうな気がするので。来年までにスケジュール入れたの、きれいさっぱり忘れそうです。
ちなみに、更新にかかる費用は2500円@東京都。
  
0904301.jpg
コウちゃんがカードをドローしています。
デュエルしたいようです。
…って何でそれがそこに入ってる??
(息子が仲良しの女の子からもらった宝物らしい)
 
保護袋は穴だらけでしたが、カード本体は何とか無傷。
この写真の後、ガラクタばっか入っていたこの箱ごと撤去しました。クレヨンだの消しゴムだの、齧られたらまずいものだらけでした(汗)。
魅惑的だったのでしょうか、入れ替わりたちかわり若い子達が探しに来て、うろうろしておりましたよ。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)