ささやかな収穫

鳥日記・雑
08 /22 2009
鳥の餌の食べ残しを雀達にとベランダにまいてたら、食べつくしてもらえずに芽がでてしまいました。ぼーぼー粟の穂が生えてきましたよ。まだ青い未熟な穂なのですが、グリーンの子達の籠に入れると大人気です。つっついて、ひっぱって、夜にはほとんど形がなくなります。
0908223.jpg

こちらはカンジダ治療中のジェームス氏。投薬のために水浴び禁止なのですが、ご所望でしたのでおおきな水入れを。ざっぷり、そしてついでにガバガバ水を飲んでました( ゚Д゚) ちょっとはストレス解消になったかな?
0908222.jpg
   
元(になりそうな?)妻みくるちゃん。シングルになって少し痩せました。でも筋肉はそのままなので飛ぶのが下手です。食べてばっかりいないでがんばれ。
0908221.jpg
   
今日はAGY治療中のYPチップ君を連れて池袋の病院いってきます~。
難点を承知でお世話になってるんですが、最近、待合室が以前にもましてガラガラでドッキドキ。口コミの力ってすごいのね。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

くすり、薬、クスリ

鳥日記・雑
08 /18 2009
先日、豪徳寺のリトルバードさんにかかって来ました。
日本でも指折りの、鳥の医療では最先端の場所です。

我が家の隣区で、直線距離はすごく近いのに
電車乗り継いでぐるぐる回りこまなきゃなりません。
 
昔ながらの商店街から細い小路に入り、古めかしいエレベータで上がります。ボタンが丸くて出っ張ってるエレベータなんて、私が子供の頃ですら珍しくなってたぞ…。(花やしきの日本最古のジェットコースターに通じる怖さだと思う)

0908191.jpg
カンジダ? 見つかりました。クスリ飲水投与ですって。
もうね、こう続くと乾いた笑いしか出ませんわ…。
  
カンジダ自体は常在菌とのこと。ジェームスは一時的に弱ったせいでうにょっと出てきたのかなぁと思っとります。薬を飲み終えたら再診。
  
ついでに多尿傾向があるので相談したら、飲水量のチェックの指示が出ました。
面白いなぁ。当たり前のことなのだけど「何となくそう思う」を客観的に観察できるデータに変えていく姿勢が素敵だ。
で、量ってみたら彼、1日15ccも飲んでいてびっくり。体重の約半分は普通じゃないように思う。次回診察時にどういう風に攻略していくのかなぁ。通院が長引くと通いにくい場所なので正直ツラいのだが。。
  

愚痴になっちゃいますが、お医者さまにかかっても
「酵母菌がちょっとー」←メガバクのことだったらしい、とか、そして今回も「カビがちょっとー」←先生でなく受付の人が薬くれる時カンジダって言ったから正体がわかった、という風にざっくり説明されてしまう私。話が通じなさそうな畜主に見えるのでしょう。対人スキルまるで駄目なのでやむをえないが、これは切ない…。
   
顕微鏡の購入を本気で考えてます。

0908192.jpg
リトルバードさんにかかったのを機会に、いままで高くて立ち読みで我慢していた本を買いました。
コンパニオンバード百科―鳥たちと楽しく快適に暮らすためのガイドブック

すごくいい本、だけど中級向きです。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

本棚はジャングルジムだよね

鳥日記・雑
08 /14 2009
ちびっこ豆を遊ばせつつ書き逃げします。
  
きのうの記事で流血して…と書いたジェームスさん、
元気です。まだ暴れ方が少々甘いですが、目がキラキラして健やかな雰囲気。
 
鬼嫁と離れて、たらふく食べてぐっすり寝るのが一番の薬だったようです。どうしよう、半端ない弱り方だったからあわてて取っちゃった病院の予約(^^;;;;
 
0908144.jpg

緑マメ娘たちは、いい感じに人間慣れしてきました。本格的な手乗り訓練はやめてしまいましたが、ボルト兄貴につられて、自分で飛んでくるようになってきて楽しい。ただ、どの娘もとんでもない写真嫌いで、カメラの起動音だけで身構えて逃げてしまいます。
これも隠し撮り。
マニヤな旦那のコレクション、齧らないでね。
(気づいた所から対策中…今更な状況だけど)
 
0908143.jpg
こちらはAWスノウとBFショコラの女の子コンビ。意外と仲良いので、とりあえず一緒に暮らしてもらっています。
彩りがとても綺麗です。ショコラ嬢のお見合いは、もうすこし育ってから再挑戦です。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

おまえの尻尾はどこへ行った

鳥日記・雑
08 /13 2009
ストレス線の記事でモデルになってくれたゆっきー姐さん、毛舐め傾向が続いていて(敷紙に砕けた羽根が毎日のように落ちている)警戒してたのに…やりやがりました。
こんな姿になりよって。あほかと。もう…。
0908131.jpg

0908132.jpg

季節の波で自然の摂理とはいえ発情が来てるのが困ったもの。お尻の穴が横に大きくなっているので、毛で隠れずにピンクの肌が見える。こんこんと説教したいのをこらえつつ、平常を保ってお世話しています。


そして、ジェームス君とみくるのBPペアが大喧嘩やらかしました。ジェームス君が流血のうえ、まったく食事できてなくてフラフラ。ショックでガタガタ。荒鳥が大人しく掴ませるのがまた不安を煽る。
0908133.jpg
最初はキャリーに入れたのですが、普通に隔離では駄目だ、と現在プラケース病棟行きです。眠りっぱなしで、かなり良くない。
とにかく食事さえのどを通って一晩越せれば、なのだけれど…。
慢性的に症状のある仔なので、今回は鳥専門の先生にきちんとかかって相談してみようと思います。豪徳寺のリトルバードさんに予約取りました。超怖い先生と聞くので腰が引けますが、ちゃんと順序だてて話せるように頑張ってみます。
   
鬱な日記が続き、訪ねてくださる皆様すみません。でも飼育日誌でもあるのでガシガシ書き留めていきます。
 にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

イエローパステルがやってきた

鳥日記・雑
08 /11 2009
今朝方の地震、揺れた地域の皆様大丈夫でしたか。
我が家は嫁は動物番として(という口実で実質夏休み♪)東京に残留、旦那と子供達が伊東に帰省してました。怪我なく無事とは連絡あったけど、えらい現場に居合わせたもんだわ…。余震に子供怯えてないといいけれど。
   
一昨日にもあった地震の時は放鳥中で、出てる子みんな四方八方にぶっとんでしまい大変でした。
鳥の行方を追いつつラック押さえて、大震災とかなったらどうしよう、とか考えてしまいました。
ペットの防災対策。うちはどうしたもんだろう…と思いつつ、小回りがきかない状況で決定打が思いつかない今日この頃。
餌は切らす前に買って、必ずストックはあるように心がけてるけど、もう、それくらいしか…。
  
あと、鳥籠の上に鳥籠ってこういうとき危ないなと思いました。ずるっとすべる。「動物取扱業」の申請のときに、飼養設備の固定方法ってのを聞かれるですよ。地震などで倒れないようになってますか、と。当時はなんだそりゃと思ってましたが、役所って案外的は外してないんですね…面倒ですが。

  
投薬だ消毒だと追われて、本当はそれどころじゃないのに…新しい子を呼び寄せています。
我が家初のイエローパステル♂。血筋が面白くて、逃したら二度と出会えないと思った。
0908141.jpg

でもって、可愛い顔しておもいっきり荒鳥。カメラもこわいよね。腰ひけて落ちそうになってます。なのにメガバグ陽性で毎日投薬で引っつかまれて息もたえだえ。
0908142.jpg

薬効いてるといいな。
ちゃんと完治したら、うちの年頃マメ達に紹介してみましょう。
誰か一羽くらい、蹴りとか入れずに可愛く寄ってってくれればいいのですが。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

穏やかな時間

鳥日記・雑
08 /07 2009
30羽超えで朝から消灯まで騒がしい我が家ですが、午後の2時前から4時前のあいだだけは小鳥の声がしなくなります。どこの籠からも囁くようなちゅくちゅくという声が聞こえる程度。
思い思いの場所でうとうと。
大好きなパートナーと寄り添ってまどろむ姿はほほえましいです。

0908071.jpg

写真は政宗とスゥ。カメラで起きて身構えてしまいました。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

ご報告

ヒト日記
08 /05 2009
既に複数ブログの掲載記事よりご存知のかたもおられるかと思います。今回、当方から出しました春雛よりAGY陽性の鳥が見つかりました。
  
これを受けまして、当方では同時に育成した鳥を受け取った方全員にご連絡をしております。
その後、現時点で8羽から陽性のご報告を受けました。かなり深刻な罹患率と受け止めております。
  
当方の対策といたしまして、獣医師の指導のもと、全羽への投薬と飼育設備の消毒を実施いたしました。また、今後は巣引き前の健康チェックの強化を図っていきます。
先日まで掲載していたグリーン若鳥の里親募集に関しましては、罹患の心配がなくなるまで見合わせます。
  
最初に見つかったのがブルー/パステル系「そら」「シェリー」ペアの仔だったことから、この親鳥2羽に関しては今回糞便検査を実施、陰性の結果が出ました。
アメリカン系「まつもとさん」「るん」に関しましては雛がいないことから今回チェックをしていません。昨年に検査を実施しましたときは陰性でした。 
  
今回のことを教訓に、より衛生的な環境作り、また、健康で病気に負けないマメルリハを生み出す努力を続けていきたいと考えております。
関係の皆様には大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
  
ねね

【資料】ストレス線と毛舐め痕

民間療法
08 /04 2009
この週末、たくさんの暖かいメッセージをいただきました。ありがとうございました。まだ全部にはお返事かけていませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。しっかり前向きに頑張っていきたいと思います。そして、ブログも細く長くマイペースで書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
 
で、いきなりこんな渋いテーマです。
 
ストレス線について、アルさんがブログ内で記事を書かれています。今回の記事はぜひそちらとあわせてご覧ください。うちの白系ですともう少し見やすくなりますので、資料用に写真Upです。
今回の写真はクリックで拡大します。

尾羽の裏側に出たストレス線の例
見えにくいですが、風切りにも点々と黒いストレス線があります
(ゆっきー姐。毛引きも併発のため羽根が乱れている)
0908041.jpg


風切り羽根の裏にあらわれたストレス線の例
(ジェームス春日)
0908042.jpg

 
ないのが理想ですが、手乗りで飼育している子だとどうしても多少は出てしまいます。あるから即問題というわけではありませんが、状態を判断する目安のひとつになります。また、人間の髪の毛と同じで、一回生えたものはそれ以上にはなりませんので、次の換羽で良い感じになるようにがんばりたいもの。情緒を安定させ、栄養状態を管理することで良くなるようです。
 
 
もうひとつ「毛舐め」の画像をご紹介します。
モデルはモル坊。
巣引き中のストレス? でこの姿に(涙)
また、巣引き後の換羽が来ているため全体的に荒れた羽根になっています。
 
腹側の毛なめ。羽根の先がボロボロほつれたようになっているのがわかりますか。
0908043.jpg
 
こちらは毛なめのない側。
0908044.jpg

 
悪化すると毛引きにつながったりするため、要観察となります。また、毛引き毛舐めの原因はストレス以外にもありえますので、これが原因と思いこまずに、何が原因か切り分けていくことが必要かと思います。
  
愛鳥の状態をうまくつかまえて、もっちりピカピカ豆に育てましょうね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

天と雷

鳥日記・雑
08 /01 2009
前回の日記では優しい励ましのコメやメールの数々、ありがとうございました。個別でのお返事はまだできていませんが、本当に感謝しています。
  
今日の日記のコメ欄はとじさせてください。
メールも返信をかけそうにないです。すこし時間ください。
(読んでますので緊急の問い合わせは頑張ります)

本当は落ち着いてから書くべきでしょうが、この場で吐き出させてください。




0908011.jpg
亡くなった「らい」の兄鳥、「てん」が先程息を引き取りました。
まだ10か月しか生きてない。
   
うちで初めて生まれたアメリカンホワイトで、ニギコロマスター級のベタ手乗りでした。
てんとらいは一緒に暮らしていまして、らいが亡くなった日に病院で健康診断を受けていました。特に気になる症状は出なかったのですが…。
元々虚弱な子で、遊ばせながら高カロリーのものを少しでもいいから口にはいるように頑張ってましたが太らない。1羽になってから元々細かった食がさらに細くなり、眠っている時間が増えて、今日の午前中はそれでもヒマワリ食べてくれたのに、午後は立てなくなった。
背が普通に高いのに、普段の体重23グラムとガリガリでしたので、ちょっとの変化が耐えられなかったんだと思います。
写真を探しましたが、最近のはニギコロばかり。
見るのはきついけど、これしかなくて。
記録用に撮っていた、最後の写真を貼ります。
  
  
「てん」は天、「らい」は雷。
いつかと覚悟はしていても、こんなに早くに行ってしまうなんて。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。