クリーム色のセキセイがやってきた

鳥日記・雑
09 /30 2009
悩める青年セキセイ・セラ坊の話相手になってもらえないかなぁ…と、女子セキセイを呼び寄せました。
  
セキセイというのは野生下で集団生活するトリだからでしょうか、豆に比べて許容範囲が広い。というか、いちど仲間と認めると紳士的な対応をするように思います。セラ君も、谷口夫妻と一緒に飛んでますし、会話してます。一時は同居もしてました。
でも、谷口夫妻はやはり産卵経験あるペアで2羽の結びつきが強い。そして、セラにはある一線から絶対に踏み込ませない。
セラはずっとひとりぼっち。手乗り崩れから戻せないまま、人間と遊ぶこともあまりない。豆のリーフや、亡きてんちゃん達とはまあまあでしたが、それも許容してる、という程度で…。
0909301.jpg
  
Luna's Houseさんの「いつは」姉さんです。
ダブルファクターのクリーム、本物を見るのは初めて。羽衣の血を半分だけ引いてて、頭にぴょーんと、梵天ともいえない程度に癖っ毛があります。

0909303.jpg
人が近付くと、里元から持ってきたお気に入りのおもちゃに避難。
これ以上いじめると金網に張り付いてしまいます。
 
 
で、肝心のセラといえば、鳴き交わすこともなく腰がひけている…。(籠はちょっと離れたところにあり、ちらちら姿が見え、声がはっきり聞こえます)
0909304.jpg

えええ? 花の独身セクシーな女子セキセイだよ? おっさんセキセイだの女子マメを口説きまくってたあの勢いはどうしたのよっ。 
  
こうしてむると、セラはまだまだ子供じみて見えるなぁ。
繁殖狙えなくもないけれど、まずは同居できるか、から。。
いつはちゃん、数日様子見てから、本格お見合い開始です。


タイミングいいんだかわるいんだか、旦那がたまたま非番で休み。ふと見たらいつはちゃんの籠に旦那が手を入れて頑張ってました。輸送翌日にそんな大技はっっその子手乗りじゃないってば。
ずいぶん粘って、とりあえずボディタッチと、手渡し麻の実ができたってニコニコしてたけど、あんたが立ち去ったあと、彼女緊張が解けて脱力しまくってるじゃないか。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

いま、豆のうえに立つ!

鳥日記・雑
09 /26 2009
すちゃっ
0909261.jpg

きりりっ。
0909262.jpg
   
瞼のせいで、右からは釣り目がちに撮れる。
今日もブログ写真は政宗君です。
  
さすが小さな小鳥。普通の紙袋の上に着地しても倒れないのね。
袋は「豆源」さんという、豆菓子が得意な老舗のもの。
豆といえば、鳩。鳩ぽっぽが描いてあって可愛い。
   
最近、デジカメの中に政宗の写真が増えてます。
365カレンダーに、つい、参加してしまってですね
(All Birdのほうです)
まー坊とスゥと遊ぶたびカメラ構えてたのですよ。結局、没ショット大量生産してしまって終わり。ブログ画像を仮に入れてたけど、差し替え用の写真は撮れなかったさ…orz ペアショットは狙おうとしたら難しかった。
   
-------------
週末、ネットから離れてます(メールは見てます)。コメントレスその他もろもろ遅延いたします。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

神田川はさらさら流れるのだ

鳥日記・雑
09 /24 2009
以前は汚かったり、氾濫したりした神田川ですが
最近はわりと綺麗に見えます。川面には魚や亀が。

姿勢のせいでへんなトリに見える~
0909241.jpg

白いサギも来てました。幼児が指差し「はくちょうだ!」と。
大人はともかく、都会の子供にとっては珍しい鳥です。
0909242.jpg
    
---------------
池袋で、なんと!! マメ飼ってるというおじさまに遭遇。
「数羽」マメ飼ってるといった女性は私です。人とお話するのが超苦手で、うまく話せなくてごめんなさい。もしかして、在京でマメ販売する私のこと、ネット上で見つけてるのかな。
0909243.jpg
  
病気のこと、健康診断のこと。ちょっとだけ私の考えを書き留めておきます。
  
いま、自分の迎えた鳥を守れるのは現飼い主だけです。
太らない、眠ってばかり…そんな点が気になるなら、早目に対処してもいい。鳥飼いの経験があるのだから、異状があればどこかに違和感を覚える筈、その直感を信じて。お金はかかるから強くは勧められないけど、検診にかけて何もでなければ、それで安心して育てられるではないですか。
  
マメほんとは丈夫で元気ぶんぶんで飼いやすい鳥の筈なんです。
  
ブリーダーは、健康な仔を出していく努力をすべきと考えます。ですから、ブリーダー氏が繁殖にあげてる仔を多額の費用を投じて検診にかけている、ここはOK。でも、だからといって産仔まで100パーセント安全、は言い切れない、と私は考えます。

腸にいるべき常在菌でも、カンジダなど、体調を崩すと悪さをする菌はいる。
また、チェックをかけてる親からの子でAGY発症の前歴は、ある。 可能性は低いけれどゼロではない。一説には、一度AGYを持った仔は治療してもキャリア状態となるともいいます(ソース失念、ゆえに信じきらないように)。だから一度叩いた→もう大丈夫、ではないの。
  
いずれにせよ、元気で体力のある子はちょっとやそっとの病原菌に負けたりしない。病気の仔を出さない努力、見過ごさずに早目の対処、そして病気に負けない体力を養う努力はしていきたいと思います。すくすく育てましょうね。
  
あと、病院も東京ならもっといろんな選択ができる。恵比寿、豪徳寺、中野、横浜、田園調布…。ちなみに、池袋は検査だけですめば普通だけど薬が高い。しかも注射大好きだ。
  
  
それにしても、手乗りセキセイ成鳥/グリーンオパーリン1万円、サザナミルチノー8万4千円はありえないですよ(^^;; 毎回、あの値段設定で売れるのが不思議です。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村 


水浴びマメ

鳥日記・雑
09 /22 2009
0909221.jpg 

政宗君が、うりゃー ばしゃばしゃー
でも容器の口が小さいから片翼もはいりゃしません。
0909222.jpg
  
マメって水浴び好き? 
ほんとはもっと浅くて広い容器のほうが上手く浴びられるとおもうのですけど、現在籠のそとでやってくれる豪の者がおりません。一応、専用の皿はあるのですが。
 
せめても、と、水用には大きな餌入れ使用、そして朝の水交換では容器の口ギリギリまで水を入れてます。ちょっと屈めば簡単に水がはねあがるように。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

フリーダムな奴ら

鳥日記・雑
09 /20 2009
0909201.jpg
ギャラリーに預けたトリ達の様子を見てきました。
ちょうど午前の活動的な時間で、行ったら3羽揃ってご飯食べてました。へんな形の籠にすっかり適応して好き勝手に移動して、構造上斜めになってしまう餌箱から水を飲んでました。なんか、問題なしで拍子抜け(^^;;; エッグフード持参で行ったのですが不用でした。
 
環境激変して、上からダウンライト当てられて、オープン時は100人からの人にかわるがわる覗き込まれてた筈なのですが…すごい。予想以上の強心臓。
0909202.jpg
   
真ん中の球体部分は覗き込まないと見えませんが、空洞になってます。かなり広いです。トリを実際に入れて動きを見て、内側にいい塩梅の止まり木を追加してくれてました。休憩モードのときは適当に視界のさえぎられる奥に入ってて、人の気配を感じると表の丸籠部分に出てくるんだとか。
人馴れしてるゆえに落ち着いてるし、覗き込まれても逃げずに逆にわらわら寄っていくみたい。
   
0909203.jpg
こちらはオームさん(正式名称は知らん)、進化してました。4日前はコンセント抜き差しでONOFFしてたのがリモコンになってた。朝たっぷり水をかけてやります。
壁に平面の絵がかかってると、前回の写真よりはそれらしく見えるかな。
  
帰りに池袋でキンカ堂に立ち寄り資材調達。生地はぐっとこらえたもののワッペンを衝動買い。鳥モチーフにはよわい。
0909204.jpg
 
---------------------
0909205.jpg
セキセイの爪を切るとき補ていに大失敗、尻尾を抜いてしまいました。
右はそろそろ抜けそうだった羽、左は生えたばかりのもの。髄に血が入ってて未完成なのがわかる。いずみちゃん、ごめん。いたかったよね。
0909206.jpg
尻尾がないと、バランス崩して飛ぶのが下手になります。スタビライザーみたいなものか?
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

拒否られる

鳥日記・雑
09 /19 2009
09090171.jpg

昨日の夜久々に爪をつくって派手にしたら
(下手の横好き&季節外れ)
スノウが嫌だっていいよります。
特に青い花部分がどうしても許せないらしい。
掌の上に載せる分に平気だけど、爪側見ると逃げていく…。
指一本出してアップができないよ。ちぇー。
  
昔も紺のネイル引いてトリにドン引かれた前科が
あるくせに懲りてません\(^0^)/
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

芸術と小鳥

鳥日記・雑
09 /18 2009
公開日過ぎてスチール解禁になったのでUp。
 
現代美術のアーチストさんの展覧会に
我が家のマメルリハが出張しております。
第一陣でつぐみん、華、コウ姉妹が行ってます。
  
足立喜一朗 「シャングリラ2」
 →展示ギャラリーのサイト
 →足立喜一朗氏のサイト

0909182.jpg
  
まだ搬入が終わってない状態でしたので完成形じゃありません。余計なものが映りこんでます。鎖につながれたオームさんが電気仕掛けでうねうね動きますよ。

今回初の試みがこの作品…。大きな球の表面にはぎっしり玉竜を。根っこのある木が植えられて、GBの丸型ケージが3つ頭を生やしてる。球のなかは空洞で、鳥が行き来できるようになってます。
0909181.jpg
  
0909183.jpg

試しに入ってもらったはなぴー。目が完全にいっちゃってます。内弁慶だったのかお前…。
   
0909184.jpg

私は芸術を解しない女だけど、彼の作品が調和ではなく不協和音を旨とするのは何となくわかる。緑、のびのび跳ね回る鳥。でもそれは仕組まれた空間。
故郷を遠く離れて品種改良され、外れない足環をつけられた鳥を入れるなんて、意外と合っているのかもしれないよ。
  
-------------
0909185.jpg
夜&休日用として持参した籠。我が家での籠レイアウトはこんな感じ。
  
人を介して「生きた鳥を作品の一部に取り入れたい」と打診されて、迷いましたし、実際に飼っている者としての話もいたしました。
展示となればどうやっても過酷な環境に晒されます。
ショップから生体を購入してくれ、と答えて係わらないのが一番簡単かと思います。ですが、鳥飼い経験のない作家さんですからそのままでは無知ゆえに死なせるリスクが高すぎる。(今回の作品も、鳥の生態を知っていたらこの形はないと思う)
展示期間が終わった後の鳥をどうするのかという問題もある。
ショップの全く縁のない鳥も、我が家で慈しんでいる子も、命は命。
あえてうちの子たちを貸し出し係わっていく選択をしました。飼育情報を知らせて、見えない安全面に工夫を凝らしてもらっています。
   
現場に連れて行くまで3週間と勘違いしていて、5週間とは思ってなかった(滝汗)
長丁場なので、途中で選手交代のつもり。緑以外の鳥さんをとっかえひっかえの総力戦になると思います。
  
  
覚悟を決めてたつもりなのに、預けて帰った夜は寝付かれなかった。
こんな危険な綱渡り、これで最初で最後です。
トリ愛好家と一般人の熱の差も感じました。やっぱり私は鳥バカだから、一般人の振りしてクールに鳥を扱うなんてできないよ。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

ヒーター類を大人買いしてみた

鳥日記・雑
09 /16 2009
手前つぐみん、後ろは絋(コウ)。
この天井につける止まり木、3羽すずなりになってると軽く萌える。
0909142.jpg


ありえねぇ…と突っ込まれそうですが、
やっとマトモな鳥用ヒーターを購入しました。
 
今までは人間用の電気ザブトンを2つの籠で挟んでいました。だって安い(2000円以下)し、サーモスタット内蔵だし水しぶきくらいで割れたりしないし…。
でもトリ暖房用としては若干弱っちくて頼りない代物でした。
雛用にパネルヒーターは持ってますが、これは籠には向かないです。
0909143.jpg
  
メーカーはアサヒにしました。お初ということで、20Wと40W、2種類購入して使い比べてみます。これだけ大きさ&メッシュの荒さに差があります。籠はHOEI37角。
  
20Wは手で触れられる熱さ。その分有効射程も狭い。40Wは結構熱いが触れるギリギリ。これより出力の強い球に換装するなら、私なら外掛けにする。

0909144.jpg
こんなものも買いました。
サーモパーチという、中に電熱線が仕込んであって足元からあっためるもの。これでSサイズです。でかっ。そして輸入物ゆえ高っ。下にあるのは35サイズ長さの止まり木。
こちらはまだ通電して試してません。籠に入れて馴らしだけしたのですが、鳥は意外と怖がらなかった。
  
明日からつぐみん達が3週間ほど他家に外泊です。暖房器具はそのために買いました。ほかに餌や籠などで結構な荷物になっちゃった。すごく心配だけどできる手は打った。次回、「宿泊先」の話など書けそうだったら御紹介したいと思います。
オリジナルの籠を作ってみた、というのですが、一体どんなことになっているやら…。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

若いふたり

鳥日記・雑
09 /14 2009
0909141.jpg

左がボルト君、右がショコラちゃん。この夏に、同じ家から迎え入れた子達です。里元さんに写真送りたいんだけど、なかなかいい絵を撮らせません。この後も気づいて逃げちゃって。

お見合いに時間がかかってしまったけど、一応思惑通り組めたみたい。2羽とも雛換羽が来てぼさぼさだけれども、ほぐしあっている姿をみかけます。体格も性格もいい感じ。特にボルトは性格が男前だ。
この2羽も4色出る組み合わせ、グリーン、ブルー、ファロー、ブルーファローが出ます。
  
はっきりいって効率は悪いけど、同色どうしよりスプリット噛ませていろんな色が出る組み合わせが好きだなぁ。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

弥富文鳥よどこへ行く

鳥日記・雑
09 /13 2009
今更知ったのですが激ショック。
「弥富文鳥組合」が09年8/1付けで解散したですと…?!

しかもこの件、ネットには公式リリースが上がってない。
昔ながらのスタイルで、関係者に告知されたということでしょうか。
http://city.yatomi.aichi.jp/index.html

弥富文鳥といえば、国産文鳥のメッカ。弥富産秋雛は出回っているらしいですし、これからも生産を続ける農家はあるようですが、ますますブランド力を弱めて外産文鳥との混血に加速がかかるのだろうかと思います。今後が気にかかります。

くねくねスノウ

鳥日記・雑
09 /13 2009
スノウが最近面白いです。くねくねです。
 
せまいぞだせー
0909134.jpg

うりゃー
0909135.jpg

あんたの関節どうなってるの(^^;;

0909136.jpg
9月にはいったとたん、大そら&シェリーはじめ、大人マメ達が繁殖の季節だっていってます。あっちこっちからきゅうーぎゅうーと怪しげな声が…。ちゃんと季節を感じ取ってるんだなぁと思います。
やる気十分でも、今秋はそら&シェリーペアはお休みですよ。なまじっかな多産系&子煩悩だから、雌だけでなく雄の消耗が激しいのです。そらの体重が戻らない。
どうしようかなぁ秋の繁殖…。他の禽舎さんよりスタートが遅くなるのは間違いないです。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

健康診断に行ってきた

鳥日記・雑
09 /13 2009
先日、リトルバードさんに行ってきました。
今回は病気ではなく、フロッケ&リーフペアの健康診断なのでお気楽です。
初めての外出、しかも2羽別々の容器に分けたことも今までなくてずっと一緒に暮らしてきたからどきどきだったはず。プラケース2つを並べて鞄に入れたのですが、透明な壁越しに2羽がひっついておりました。
0909131.jpg
これがサイトにわざわざ但し書きまであるエレベーター。
ボタンを押しても点灯しない(仕様なのか?)、前世紀の遺構のようなエレベータを出ると、こざっぱりとした待合室が現れます。
   
外観、そのう、糞便とも問題なし。ここは診察室に顕微鏡とモニターがあって、実際に見せてもらえます。
フロッケはショップの雑居カゴ出身ということもあって、念のためクラミジアのPCR検査も依頼しました。
検体は4つとります。まず糞便。それから綿棒を使って口腔の拭い液。そして綿棒をぶすっとお尻の穴に突っ込んでこちらも拭い液。
検体取られるフロッケは、次々起こる出来事に視線彷徨い…
最後に爪をぱちんと深爪されて、そこに細いガラス管? を押し当てて毛細管現象でちゅうう~~と血を採取。止血剤で止血しておしまい。
  
粉状の止血剤ですが、傷に押し込むような感じで重ねづけしていました。ひとつ持ってたら安心だろうなぁと思ったアイテムでした。

0909132.jpg
帰りはかさばるので2羽一緒。

0909133.jpg
さすがにフロッケは自宅に戻ったらぐったり。
  
クラミジアの検査結果があがったら、巣箱つきの新居にお引越し予定なのです。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

リンク追加しました

リンクの広場
09 /12 2009
★アルと草とそれからわたし。
http://algrassme.blog54.fc2.com/

緑マメのアル君&ルカちゃん、それからコガネメキシコ(!)のミカンちゃんと暮らしている、アルさんのブログ。試行錯誤しながらぎゅんぎゅん急成長中。


★Soratobu Hiyoko
http://soratobuhiyoco.blogspot.com/

元々動物のいるお家でしたが、小鳥さんもじわじわと増えてます♪ 我が家から、そらの息子コルシェ君が行っています。
   
★ROLY-POLY
http://roly-poly8.cocolog-nifty.com/

しばっちさんのブログ。くるんとした頭が絶品なパクチー君は、同じくそらの息子。お茶目な日常が垣間見えます。


遊びに行ってみてくださいね。

御紹介が遅れて、大変申し訳ありませんでした。
  

0909121.jpg
蔵出しショット@超幼いコルシェ君
すっかり大人マメに育って、幼なじみのパートナーとラブラブで暮らしてます。
鳥の成長って、ほんとに早いね。かけぬけていくよう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

8月下旬のいろいろ

鳥日記・雑
09 /02 2009
前回の更新から随分と間が開いてしまいました。もう9月ですよ奥様。前回更新では…えーとチップ君を再診に連れて行く予定、とまで書いたのか。要約すると、鳥は元気です。
あとはぐだぐだな文章です。

0909021.jpg
YPチップ君のAGYは検出されず。あと1セット薬飲ませて再診@池袋センター病院
BPジェームス春日君のカンジダも再診で検出されず@リトルバード
全羽への予防投薬も終了@近所な石川台
まだチップだけ終わってませんが、だいぶ気が楽になりました。
  
病院がバラバラなのは、目的緊急度に合わせて使い分けてしまっているから。本当は1箇所で一元管理のほうがいいのでしょうが、現状では評判のいい横浜や豪徳寺は時間の制約で通いにくい。将来的に池袋でお世話になってた分を豪徳寺にシフトしたいとは思うのだけど、しばらくは難しそう(;_;) 日常の管理では近くて飛び込める近所の獣医さんが心強い。
  
  
BPジェームス君、水ガバ飲みしていて測りつづけていたら平均20mlくらい飲んでいました。多い日は30ml。体重より多い。これは…と尿検査をしてもらいましたが特に異状は見つからず通院終了。
病気の場合もあるが、一時的なものだったり、単なる水好きなだけの場合もある。脱水試験(飲水を制限して観察)という方法もあるらしいですが、現時点でそこまで負担かけるのは酷かなぁ、と。
朝、新しい水を入れてあげると、ごくごく4口くらい(この時点で多すぎだ)幸せそうに飲んで、それからおもむろに水浴びをはじめるような鳥なのです。独身暮らしを謳歌しています。
0909022.jpg
 
完治ということで、パートナーのみくるちゃんを近付けたら「こっちよるな!!!」的勢いで威嚇しておりました。こりゃ駄目だ。正式離婚だわ。。
  
0909023.jpg
 試験的に、一部の子をペレットのみ飼育に切り替えています。上の写真ではケイティのド派手着色ペレットが入ってます。雛の切り替え訓練時に使って馴染みのある物なので、雛あがりのこの籠だけ入れているものです。次の雛にはまた新しい袋を買いたいので、使いきり大作戦。大人用に着色付を追加で買う気はありません。メインは無着色のラウディブッシュのメンテナンス。
今まで副食だったペレットが主食に来たことで、いろんな問題点が浮上しました。

・水に漬けて食べたがるため、飲水が汚れやすくなった
・床に落ちたのに水がかかるとえらく匂う
・大食漢なマメなので、消費量が半端ない
・しかももったいないくらいにこぼしやがる
  
あああエンゲル係数急上昇ー!!
ペレット1.7キロ袋とシード5キロ(小分け売り)がほぼ互角な価格。餌入れの形だの粒の大きさだのカバーだの置き場所だの、試行錯誤中です。
ペレットのみに切り替え済みの子にも、夜は小型の容器でシードをあげてます。シード大好き、わらわら寄ってきます。夜くらいは好きなもの思いっきり食べて、お腹いっぱいで眠るといいさ。

0909024.jpg
緑の3姉妹はこのまま残留…かなぁ。いずれ他の家に出すかもしれないけど名前渡しちゃいました。手前の飛行中は長女、みさきちゃん。手乗り適性も凄いが噛み癖も凄い。愛はあっても痛いものは痛いのだ。
一番上のインコ餅は湘南ガールのフルート嬢。籠に載ってるのがボルト君で、顔が半分隠れてるのが三女のみおちゃん…だと思う。他家から来た子は顔でわかるけど、兄弟は見分けがつきにくい。
  
次回更新でリンクサイトを。

伝説のフォントが帰ってきました

ヒト日記
09 /01 2009
手書き系の可愛い文字として知られながら、長らく公開停止していた「ことりふぉんと」が、大幅なリファインを加えて再公開になりました。
しかも、「ちまころん」をはじめとする、公開停止していた他のフォントも再公開。2度とこういう形では見られないと諦めていただけに、とてもとても!! 嬉しい。
 
『ことりのことり。』

http://cotorifont.net/

有償版でも1260円、かなオンリーの無償試用版もあります。
事前に規約をよく読んでほしいのですが、Webでの使用は画像のみOK。要は写真やバナーに入れるなら問題ない。ブログの本文をこのフォントで表示させるのは不可。
  
フォント、あたりまえのように利用しているものの一つだと思います。OSには最初からいくつか組み込まれていますから。でも、それをどう作り出したかというと、日本語に使われる何千もの膨大な文字を、手作業でひとつずつ書き起こしていくのです。
そりゃーもう、賽の河原で石を積むような地道な作業…。

つい、「フリーフォント」とか検索してしまいますが(^^;; 
デザイナーさんの想いを汲んで、著作権に配慮した利用をお願いします。


名前のせいではないけれど、小鳥の写真に載せるには最強のフォント。
ほんとにかわいいです。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)