睡眠不足は美容の敵といいつつも

鳥日記・雑
02 /26 2010
新しい育成用プラケースの足をプラノコで切ってもらいました。切断後はプラ用ヤスリでずーりずーり。傷はついて見た目は悪いのだけど、これでパネルヒーターへの密着度ぐぐっとアップ♪ 気持ち的な問題かもしれないけど。
が、常識的に考えて普通の家にプラノコなんてないわ…。同居に模型者がお住まいのかたはお試しくださいませー。
1002261.jpg
  

スノウさんとの顔合わせ済み。
好感触なので、もう少し育ったら教育係を依頼することになりそうです。
遊びに来て、羽繕いをしてほぐしてくれます。挿し餌つまみ食いが目当てで来るんだけど許す。
一番大きい雛が30グラム前後、スノウさんは小柄で25グラム。ですが骨格というか、大きさが違います。
1002262.jpg

 
元気だし食欲はあるんだけど、真夜中に一回挿し餌を追加してみてます。通常の4回にプラス1回です。夜中の挿餌を減らせるくらいになったら安心なんだけどな。温まった布団から出るのがきついです。

週末は更新をしません。よい週末を~。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

春一番のぱやぱや

鳥日記・雑
02 /24 2010
月曜に巣上げしました。
1002241.jpg
性格は結構ちがうっぽいです。
1002242.jpg
グリーンのトーンが抹茶色。
仁之助くんってこんな感じなのかな。
1002243.jpg
いちばんちびっちょ。
1002244.jpg
保母ゴーゴーさん、お仕事開始です。
1002245.jpg
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
  

★追伸★ 少しずつを頻回給餌する親のようで、餌食いはけっして悪くないのですがどの子もそのうサイズが大きくないです。将来的に里親募集をする考えはありますが、もう少し大きくなって安定して食べるようになってからと考えております。グリーン3、アルビノ2(うち1はトレード決定)、色不明1。

トリオビジョン L12 バードケージ鳥籠

鳥雑貨
02 /22 2010
もう1本行きます。
年末に購入した時に写真おさえればよかったのですが、すぐに使ってしまったために記事を起こすタイミングを失ってました。
今日洗ったので写真撮って記事Up。

1002211.jpg


トリオ ビジョン L12
750×380×925mm 太ワイヤー・ハイタイプ
 

「ペットショップ四つ葉堂」さんで購入しました。13920円。

当方ではオカメの雑居飼いケージとして購入しました。
鳥は上のほうに好んでとまる習性があります。そのため、どんなに下がガラ空きでも上のほうのいい場所を取り合う。今回は4羽収容ということで、容積だけではなく皆がそれなりに並べる横幅も確保されていることに拘りました。
日本製で一般的なケージはどれもこれも縦に長いんです。横タイプは取り寄せなうえ高価。こんぱまるで一時扱ってたのですが廃盤、某店にあるらしいのは知ってるけど因縁あってお金落としたくない。個人輸入は英語で倒れそうになる私には無理すぎる。自作も厳しい。
消去法で希望に合うのはこれしかありませんでした。

1002212.jpg

組み立てはパチパチとプラスティックの部品で嵌めていきます。構造上ケージの角に網の目一個分のすき間ができます。ハイタイプは、スタンダードを縦に2個重ねてジョイントで連結した構造です。そのため扉は4つついています。上段が不要になった場合、下段のみでスタンダードタイプにに作りかえられます。
 
1002213.jpg

扉は内開き。2枚が並んでいて、両方あけると間口がかなり大きくなります。外側にも倒れますが、内側のように90度で止まらず、だらんと開いてしまいます。

1002214.jpg

上部網は細ワイヤー。網は取り外し不可能。
 
1002215.jpg

底トレイ。上部とはクリップで留まっていて、上を外して掃除します。汚れがたまりにくく洗浄簡単。また、金網を洗うときもなぜか汚れがつるんと取れやすい。非常によくできてます。餌箱は底に設置する場所があります。出し入れできる餌箱用扉あり。

1002216.jpg

裏側はこんな感じ。ゴムの足がついてる。
引き出しをなくした独自のメンテナンスシステムが売りで、金髪美女が軽く持ち上げてる写真がチラシにあります。こんなでっかい太ワイヤーハイタイプでもこのシステムを踏襲、これをどっこいしょと持ち上げて横に置くのが…あまりにも重い!! 中身がのっそりオカメだから、動かす間も底から脱出しませんが、マメなら片っ端から逃げそうです。最大サイズまでこの方式ははっきりいって無理があると思う。

1002217.jpg

マルチグリップデザインが売りの止まり木。うちのオカメをみる限り安定したとまりかたをしています。プラスチックの割にいい仕事ぶり。ただし、中が空洞になっているあたりに爪がくるため、自然に削れる効果は期待できないです。うちは1本自然木に交換してみました。
 
ごみの散らからなさは評判どおりです。インテリア性も高く、メンテナンス性も悪くない。居間にケージを置きたい人にはお勧めできます。
ただ、国産ケージと設計の着目店がまったく違う印象です。このあたりが評価が大きく分かれる要因と思われます。
 
 
1002218.jpg
で、なんで籠を洗ったかというと…軽く集団パニックが起きて、開いてた扉から全羽飛び出して空っぽになったから。すごいよオーストラリア最速は伊達じゃない。暗くなってから回収しましたが、あちこちにウンチの置き土産が。
最近、外界に興味もつようになったのはいいんだけど、扉の近くにいるせいで飛び出しも増えてます。ぜひ自力帰還もセットで憶えてください。。
  
明日はネットに繋ぎません。メール返信も遅れます。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

【里親様より】年下の彼ってかわいい?

いただきもの・里親様より
02 /22 2010
前回投稿のあと、各方面に御心配をおかけしてしまったようで申し訳ありません。たまたまかもしれないけど、複数の里親さまから近況報告までいただいてしまって…。

ごめんなさい。
  
新しい飼い主様に出会った時から、鳥たちは完全に私の手を離れます。その子の鳥生は、どのようなものであろうと飼い主様とともにあります。
「うちの子を、こんな風に飼って欲しいな」という希望はこれからも最初にお伝えしますし、それを充たしてるという自負がある方に名乗りをあげていただきたいです。
ですが、近況報告を強制することはありません。各々の飼育スタイルに口を出さないよう努めます。
  
送り出した私はどの子のことも憶えてます。
静かに遠くから見守ってます。いただくメールや写真の間に垣間見える様子はたまらなく嬉しいものです。
 
いろいろ調べてもどうしても判らないとき、どうしたらいいか困ったとき、飼育継続ができなくなったとき、一人で悶々と悩むくらいなら里元を頼ってください。非力な私でも、お役にたてることがあるかもしれません。(立てないことも多々ありましたが…。)
他の個人ブリーダーさんも差はあれど、自分の関わった鳥に思い入れのある人は多いです。趣味で育てている人は尚更だと思います。いざという時は相談をしてみると、突破口が開けるかもしれないのですよ。
  
------------

で、この冬お迎えいただいた里親様から届いた写真なんですが、これはもう独り占めは無理。
皆さんにみていただきたい。
 
100218_2104_02.jpg

つまって、つまってます!!
ハムスターハウスに彼女と2羽でぎゅうぎゅうです。
夜はこの体制で寝ているそうなのですが、密着度高すぎないかいリップ君。


もう一枚、別のおうちからいただいた写真を。
夏のマメルリ幼稚園の卒園生、緑のマメちゃん。
年下のボーイフレンドと日光浴でしょうか、気持ち良さそう。
で、この表情。貫禄あるお姉様と、草食系な雰囲気の青マメ君がかわいい。
100220_1549_01.jpg



どちらも恋の花がほころんで。
春はもうすぐですね。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

2月中旬のいろいろ

鳥日記・雑
02 /19 2010
負傷者続出で頭も財布もいたいです。
こんどはしろちゃんが小競り合いで瞼をやられました。
あまりよろしくないので、近くの病院で点眼薬&抗生剤を処方してもらってきました。
1002191.jpg

いまのところ角膜に傷はないのですが、濁ったりして異変が見られれば再診になります。
 

スノウは、怪我のほか捻挫もあるようで、止まり木掴むとふらふら危なっかしい。あえてプラケース養生してもらってます。が、元気&退屈なので暴れる。ケースの蓋が甘くて脱走していることがたびたび。
1002192.jpg


まつもとさんは順調。

春日君の様子がなんだかなぁ。体重はしっかり29グラムあるんだけど、握った感じが物足りない。しょぼしょぼした顔で暖房にあたりっぱなしで…。要観察です。
1002193.jpg


リーフの雛、まだリング付けていない子に履かせました。これで手持ちの50個使い切りました。
赤目は真っ白アルビノさん2羽。
黒目はグリーン2羽。
まだ色はわからないちびちび2羽。
かわいい…。
1002194.jpg
 
一番上は警戒心も強くなってるので巣上げしたいのですが、受け入れる人間に余裕がないのであと数日待ちます。巣材交換して戻しました。
  
お父さんは、ペア変更で今回だけ組んでもらってました。
シェリー旦那のそら君です。アメリカンホワイトです。
ホワイト/spパステル&ルチノーだった、っていうのにびっくりだ。
  
1002195.jpg
最後は意味なくハイジ&ペーターで締めましょうか。
右のペーターは童顔系ですね。癒されます。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

細く長く、一緒にいてほしいと願うのです

鳥日記・雑
02 /19 2010
写真は今日の澪っち。
1002181.jpg
うちから里子を検討した方なら御存知かもしれません。
「なぜ、飼いたいと思いましたか?」という質問を最初にお伺いしています。
(ちなみに募集要項はこんな感じ~) 
 
先日緑マメをお迎えいただいた里親様。
この問いに対する、の答えが想定外のものでした。
「家で飼っていたマメが18歳で亡くなり、また飼いたいと思ったから」
  
最初のメール見て茶吹きそうになりましたよ。
文体は明らかに若いものの手によるものでしたから、半信半疑で…。
だって18年前って、そもそもマメルリハ飼ってる人なんてごくごく一握りの愛好家だけで、いても数万~十数万の高価な鳥だった筈で、それを手乗りでですと??!
 
我が家での直接手渡しだったこともあって、
好奇心のむくままいろいろ聞いてしまいました。
お父さまが大昔のある日連れ帰ってきて、飼いはじめたこと。
いま青年の里親様たちは、当時まだ年端もいかない子供だったこと。
 
長寿の秘訣がききたくて、初代マメちゃんの飼育環境も聞いてみました。

自分が思うに、普通に飼っていた。
餌は普通に売られている中型インコ用ミックスシード。
青菜は食べたけどそんな好きじゃなかった。時々りんごとか。
部屋は暖房が効いていて暖かかった。湿度もあったほうだと思う。
  
そんなわけで、認識を改めました。
「マメルリハの寿命は本に書かれているとおり、20年ちゃんとある」
  
ようです。
わくわくしません? 10年ちゃんと越せた実例がいたってこと。
 
実際に見て遊んで選んでもらった結果、募集に出してなかった緑マメ姉妹の姉が行きました。妹鳥の澪が残留です。

-------


里親募集をするようになった時点で想定内の事態なのですが、実際に直面してダメージ大きかった件が1つ。





うちが里親様に希望している条件、他よりもシビアだと思います。
その中に、
「家庭でのペットとして、終生大切に扱っていただく心構えのかた。10年先まで飼いつづける自信のあるかた。」
と書いています。
もちろんあくまでお願いであって、実際に全部その通りとも思ってませんが。
  
馴れは様々ですが、家庭でのペット飼育を想定し相当に甘やかして育てています。
人の温もりを知って大きくなります。
  
繁殖用なりに気に入って可愛がっていただけているものと思ってたら、10年どころかたった半年で他者に譲渡済みと知ったとき、正直血の気が引く思いでした。
  
体調不良等の事情はおありだったのでしょうが、甘いです。
見通し甘すぎます。
こんなことになるなら、渋る娘を説得してまで送り出すんじゃなかった。新しいおうちで幸せにしてもらえるからねって、届いた写真見て、かわいいね、楽しそうだねって。
   
0906062.jpg
   
おまえはいま、健やかに暮らしていますか。

--------
飼い鳥のスタイルには大きくわけて2つあります。
 
よくブログ上で見かける、ペット、あるいはコンパニオンバードとして愛玩するスタイル。私はどちらかというとこちら側の飼い方です。
 
もうひとつ、これが昔からのスタイルかと思いますが、観賞用としての良鳥作りにこだわり、世代をどんどん重ねて作出を楽しむ場合。
この後者の場合、交配して良雛が取れれば、その子で次の交配をしていく。そのため、飼育スペースに限りがある場合は、子世代を優先し親世代を他禽舎に出して管理できる数を維持していく場合があります。譲りうけた禽舎でも、脂の乗った成鳥は価値のある交配相手となります。
こうして鳥たちはあちこちを渡り歩く場合があるのです。
鑑賞としての飼い方なら荒鳥のほうが向いてる。親に最後まで育てられていると育雛本能がしっかり育ってるし、人が育てるよりずっとずっと体格もいい。
  
上手く説明できないんですが、飼い鳥の世界で(言葉は悪いが)不要鳥を正当な方法で手放すことは、動物愛護の旗振りかざして一概に責めるべきことではないことをわかっていただきたい。
  
生体の所有権は購入者側にあり、生産者が口を挟む余地がないこともわかっている。
 
--------------
 
わかってるんです。
理性は。だから私が書いてるのは暴論なんです。
感情がついていかなかったんです。
   
もうどうにもこうにもぐだぐだですみません。
これでもだいぶおちつきました。
 
次はまともな記事かきます。
-------
【3/17追記】

某掲示板からこの記事にリンクが貼られていますため、ちょっと加筆いたします。

今回の相手方とは、飼育スタンスの差が相当にあり、
そのために起こった不幸な行き違いと認識しております。
この記事掲載後、メールにて詳細な事情説明をいただきました。
当方の考え方とは全く異なるスタンスでありますが、非常に研究熱心で、実際に繁殖でも好成績を残しておられました。鳥を鳥として、命あるものとして尊重している人なのは確かです。
    
【3/28】
今更ながらほんと痛い記事だこれ…。
既に終わった案件なのだ。こぼれた水は元に戻らない。
その後、相手方はブログもHNも変更し、鳥種を追加して飼育繁殖に取り組んでおられると風の噂に聞いております。
  

いろんな女の子に「手編みのマフラーちょうだい毛糸代渡すから」ってリクエストして集めて、全部首に巻いてみてすごく手触りが良く似合うのだけを選んで残した。こんなことなら最初からこの糸でこの子に編んでもらえばよかったなー。ふふこれお気に入り♪ 残りはオカンにプレゼントするぜ! まだ新しいからいろいろ使えるよね。そのまま巻いてよし。糸を解いて靴下や腹巻に編みなおしてもいいよ。
  
2本編んで1本はいまのとこ使ってくれてるけど、
もう1本はもういらないあげちゃったっていわれちゃった。
 
糸の代金もらって納得して引き受けたけど、ほのかに好印象な彼だから編んだのに。気に入ったよっていってわざわざ着用写メまで送ってくれたのに。自分で店で気に入った糸買って手編みのプロに依頼すればいいのに。そもそも、それだけ資金力があれば上等の既製品買えるのに。
でも、もう彼のものだから仕方ない。
次からもっと気をつけて自分の意図をはっきり伝えないといけないね。でなければ、もう自分以外に編むのなんてやめちゃったほうがいいね。
  
すんごく変な例えだけど自分的にそういうモヤモヤなの!

小数点1桁まで測れるデジタルポケットスケール

鳥雑貨
02 /18 2010
体重計を新調しました。
今までキッチンスケールと兼用してきたのですが、1グラムまでしか表示できなくて、日によって2グラムくらいの誤差があり、時には空手チョップで気合をいれないといけないという惨状。
みなさんのようにこまめな体重チェックなんてとてもめんどくさ(以下略)
 
が、そうも言ってられません。
病院からの指示で毎日の体重管理が必須になりました。
 
で、昨日、キキさんにコメで教えてもらったこの商品を買ってみました。注文即日発送で、翌日には手許に届いてるんだぜ? インターネットでお買い物わーい♪
 
『デジタルポケットスケール』(株)プラタ
価格980円。
最大500グラム、最低0.1グラムまで表示します。風袋もちゃんと引け、安いけど機能は押さえてる。
購入先はアイシスジェニーさん。リンクはヤフーですが楽天やアマゾンにも出店してました。
 
サイズ感はこんな感じ。
1002171.jpg

まつもとさん、12.5g……へ??
何回はかっても12.5。んなわけない。
  
うちに来た機体、要カリブレーションでした。説明書チェック。「これこのやりかたで500.0グラムの分銅を載せて認識させてください。分銅は自分で御用意ください」
んなもん一般家庭にあるかっていうの!
やむなくペットボトルに水を入れ、先代キッチンスケールで500グラムになるように量ったものを使い調整。完璧な調整ではないけれど、劇薬量り取るわけでもないし、必要十分。

1002172.jpg
再計量25.1グラム。ほっ。
カワイのスタンドもはみだすけど問題なく乗ります。
これで体重の細かな増減が把握できるようになりました。

1002173.jpg  
送料かかるついでにこんなのも買っちゃった。デジタル温度計です。

300度からマイナス50度まで対応し、しかも測定部分はステンレス。5分でオートパワーOFFですが、HOLDボタンを押すと継続的に測れます。

生体の温度管理専用だったら、最高最低もわかる別のタイプを推しますが、こっちもコード大好きガブ子さんや挿し餌の温度をはかる場合に使えるかなと思われます。

いいお買い物ができました。情報ありがとう!
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

リンク追加しました『さんらいず おおさか』

リンクの広場
02 /17 2010
相互リンクさせていただきました。
 
『さんらいず おおさか』
http://sunrise-osaka.com/index.html

大阪在住のマメ飼いさんで、色変わりを多く飼育されています。特にパイド系は美しい。専門誌の表紙を飾ったことがある美人ちゃんが在籍しています。
繁殖シーズンには沢山のぴよぴよに囲まれてにぎやか。お勧めできる里元さんのひとりです。なによりいいなぁと思うのは、楽しいときも、ちょっと悲しいことがあったときも、前向きに明るく育てている雰囲気が伝わってくること。
 
そろそろ春の挿し餌地獄、がんばりましょうね♪

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

まつもとさん帰宅しました。

鳥日記・雑
02 /17 2010
つぶやき&書き逃げです。
リトルバードさんから電話があって、まぴの退院許可が出ました。夕方迎えにいってきます!
見守ってくださったみなさまありがとうございます。
-------
まつもとさんが無事退院となりました。素直に嬉しい。
握れば26グラムで軽いし、水槽で暖かく要管理ですが、
少なくとも病院にかかる前よりはずっとすこやかです。足の動きが改善しています。
1002162.jpg
 
血液検査で腎臓の数値が若干悪く、療養食のペレットを食べさせることになりました。あと飲水投薬も続行。一週間後に再診です。万一22グラムまで体重が落ちた場合は再入院。
療養が長期化しそうな気がするので、すこし大き目のプラケース買って来ようかなぁ。あとキッチンスケールは買い直し決定。
 
あ、あとまつもとさん、
君が留守の間に、奥さんに若い男紹介しといたからよろしく。
1002163.jpg
 
------

この週末は負傷者続出できつかったです。
春日君とフロッケが相次いで足の指をやられ、続いてスノウが怪我。今回はどの子もやられかたがひどく、隣の籠まで血飛沫がはね、現場は血のうっとくる匂いが。
一時避難用のキャリー4台持ってますが、足りなくなったの初めて…。
1002161.jpg
  
春日君とフロたんは落ち着いて、あとはかさぶたが取れるのを待てばいいのですが、スノウの快復がよろしくない。まぴのお迎えの時に診てもらって抗生剤出してもらいました。残念ながら爪欠けになりそう。
  
いいこともありました。
spルチノーのリーフが元気に子育てしています。
雛が6羽、うち赤目2羽。初のイノ系です。
写真はおさえてません。
生後半月の育ち盛り、さすがにお父さんだけでは間に合わず、お母さんも餌を運びまくってます。リーフに会えた時にはヒマワリ手渡しで。ぴきぴき怒りながらも素直に受け取るのが可愛い。
  
さて、4色丼と行きますかどうか。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

おじさまは困惑し、お世話係は途方に暮れる

鳥日記・雑
02 /13 2010
小ねたかつ現在進行形。

オカメのエメラルド旦那(もちろん荒)が出てしまいました。
1002121.jpg
  
妙にしょぼくれて見えます。
帰り道がわからなくて途方に暮れるエメ旦那…。
1002122.jpg

エメ奥しゃんや、隊長が一生懸命鳴いて誘導してくれてたのですが、あと10センチのところでうまく行かず。
1002123.jpg
みんないつのまにか午睡モード。

飛ぶのがそこそこ上手いから、追い掛け回さないと捕獲は難しい。
諦めて、暗くなる夜までそのまんま放置プレイ決定…。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

脚の悪いマメルリハを病院に連れてったよ

鳥日記・雑
02 /09 2010
【2/5記事作成】【2/9最終更新】
先日ははげましのお言葉をありがとうございます。
まつもとさんは低め安定ながら生きてます。ご飯パリパリ食べ遊びたがります。が、体力ないのです。
月曜に豪徳寺に行ってきました。
私、お医者さんとのやりとりがうまくなくて説明がアレなのですが、書き留めておきます。
1002031.jpg
 
まつもとさんは3歳♂のマメルリハ。
脚は動くが力が弱い。やせてきた。膨羽して傾眠。

 
体重測定、26グラム。
彼は28グラムくらいが標準なマメ。これよりやせていれば入院を勧めるとの由。(体重だけでなく胸筋も触っての判断か?)

外観をチェック。不自然にひねったり骨折した痕跡はない。
 
糞便・そのう検査。問題なし。
 
レントゲンを撮りました。これも異常なし。
レントゲンで骨の異常のほか、内臓(肝臓や精巣など)が腫れていないか見ることができます。胃が下がっていたり精巣が腫れたりすると、股間の神経を圧迫して脚に症状がでることも。
  
この日はここまで。
結節こそないものの、若干固く動きが悪いことで「痛風」の疑いあり。
鳥の疲れを考慮して血液検査を次回に持ち越しました。

症状がきついほうの脚にクローズリングがついてます。バンドカットを相談しました。いずれは取った方が良いが今ではない、かえって負担になるから時期をみて切ろうということに。
 
当座の対処療法です。
強肝剤&ビタミン剤を飲水にまぜ投与。

診察時の問診表、うっかり偽名でなく本名で書いてしまい、薬袋の表書きがあじゃーなことに。モザイク部分に私の苗字が入ってます…。
1002032.jpg

---------
【2/9加筆分】
再診。揺れる電車の中でも眠りっぱなし。
体重はコントロール効かず、落ちまくっていて22g。即入院となりました。当然血液検査どころではない。
当面は3回/日の強制給餌と3回/日の注射となる模様です。
  
ふらふらで目もまともに開けてられないのに、診察室で人間前にしたら元気ですアピールだろうね、ばりばり餌食べようとするですよ。その根性が彼の身を救うことを、祈ってる。



にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

オレンジ色の電車でコトコト

鳥日記・雑
02 /08 2010
年一回の動物取扱責任者の講習に行ってきました@なかのZERO
こういうのって、犬猫が中心だと思ってたら意外や以外「エキゾチックアニマル普及の功罪」みたいな話も入ってきてですね、自分的には予想外に面白かったです。ちょっと寝てしまいましたが(滝汗)

1002081.jpg
 
逆に、犬猫の人はつまんなかったかもしれない。
  
動物取扱業、やはり個人で小鳥を楽しんでいる人には敷居が高いですよね。有償販売させてもらってるとはいっても、趣味のことにこれだけの手間と費用をかけるのはなかなかきついものがあります。
  
帰りに、サンモール~中野ブロードウェイを少し冷やかしてきました。独身時代はよく通った中野近辺、ぱらぱらと様変わりしていました。う~ん、やっぱ落ち着くわーこのごった煮な雰囲気。元々練馬出身なので、渋谷だの二子玉だのはオサレすぎて落ち着かない。。
オタグッズで有名な場所ですが、コアな専門店の集まる場所でもあります。コートとトップスとボトム揃えて2000円でお釣りが来るような店に入ってみました。油断すると「はねとび」でアブちゃんが着てるような服になりかねないけど、いいかげんな感じが楽しいぞっと。
  
明日はまつもとさんの再診@豪徳寺。
今週なんだかばたばたしていますが、短文でもちょこっと更新していけたらいいなぁと思っております。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

お散歩の続き(良い子は真似しちゃいけません編)

鳥日記・雑
02 /07 2010
前回はカメラの中に入っていた画像を御紹介しました。
所用を終えて帰宅したらですね…
 
春日君とチップがダンナの魔の手の餌食になってました。
写真撮っちゃえ。が…
荒鳥になにやってるんだ旦那
1002061.jpg

まずはおさわりから~
岬&澪っち姉妹が冷やかしにきてます。
(澪、嫁ぎ先決まりました♪)
が、もうチップには追い払う余裕なし。
1002062.jpg
 
普通、荒鳥は手を入れると逃げますよね。
まず、手を噛ませるところまで持っていく。
がぶがぶ噛んでも何も起こらないことを覚えさせて
指においしいおやつがあるのを教えて
(と彼はいってますが、元々鳥は詳しい人ではなく猫で積み上げたノウハウを応用しているらしいのです。真似しないほうがいいような気がします)
 
しつこく追い回されて、精魂つきはてた夫妻はなすがまま。
心許すというより放心か。
  

1002063.jpg 
連休で心の余裕のある旦那は翌朝も攻める。

1002064.jpg
げんなり顔のチップは

1002065.jpg
城下町に逃げ込んでみたりもしたけれど

1002066.jpg

なでくりまわしの餌食になって
あああどうにでもして~
春日君は手からおやつを(この時だけ)マスターしました。
1002067.jpg
  
この子達、特にチップは1羽より2羽のほうが安定して馴らしやすいかな、と申しておりました。春日君は荒のわりに人馴れしていておだやかなので。モル&かの子ペアと同じ方針。慣れてて安定したモルを使って、目先のことしか考えられないかの子をコントロールします。
  
この後、旦那はいっぱい開いた穴に石鹸がしみると、ぴーぴー大騒ぎしていました。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
---------
今日のブログ一緒に担当はみっくん。
まんまるー。
1002068.jpg

お散歩ですわ

鳥日記・雑
02 /05 2010
病院には、まつもとさんの他に荒オカメのシナモンちゃんも連れて行きました。他のオカメーズよりごちごちして虚弱そうな外見の彼女、引っかかるかと思ったらまったく問題なしで拍子抜け。
体格もOK、嘴もまあ長いけど処置するほどでは…と。うんうん。健やかなら問題ない。
先生お話しながら素早く爪をパチパチ。
  
この子たちも健やか。
非番の旦那が、私が所用で留守のあいだに鳥たちともりもり遊んでくれました。
緑マメ大好きセキセイのセラ君、それから一緒にいるのが岬ちゃんと澪っち(絶賛婚活中)ですね。
微妙に良い感じです。異種間の友情?
1002041.jpg

1002042.jpg

餌プレゼントって、下心ありありですか?

1002043.jpg
こっちはフロッケ&スノウちゃん。
耳噛ませながらデジカメで自分撮りしていたらしい旦那…。
  
えらい目に遭ってた(^^; 子達もいましたが、それはまた別記事にて。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
----
今日の一緒にブログ担当はぴっぴき緑マメーズ。
嫁入り決定の次女(後ろ側)&フルート
里親さまー、この娘が行きます。
1002044.jpg
 
岬ちゃん(後ろ)&澪っち(手前)。澪は手乗りでもいけるかもー。
嫁ぎ先募集中です。
1002045.jpg


【終了しました】マメルリハ里親募集2010冬

里親募集【終了】
02 /04 2010
【1/25記事作成】【2/7最終更新】

全羽決まりました! 素敵なご縁に感謝します。

 
 
★ブルー/spアメリカンイエロー♂ 11/20うまれ お迎えいただきました
父アメリカンホワイト(政宗) 
母ブルー/spイエロー&パステル(スゥ)
濃いめアイラインがチャームポイント。やんちゃ、かつマイペース。あまり構えず、現在は完成度低め手乗りですが素質あると思います。一通り遊びまわって落ち着くと、自分から飛んできて肩でのんびり遊んでいきます。
1001254.jpg
  
 
-----
夏生まれの三姉妹のうち2羽、募集かけます。
1001251.jpg

【共通】父ブルー/spパステル(モル)
    母アメリカンイエロー(かのこ)
挿し餌で育てましたが現状は手乗りと手乗り崩れの境界。手渡しおやつ大好き。放鳥するとぶっ飛んでしばらく帰ってきません。そのうち気が向くと人間のところに飛んできます。写真のように手にも乗りますが、気ままでじっとしていません。
体格は普通~やや細ですが筋肉はあります。元気です。羽根が荒れてるのは姉妹で掴みあいの喧嘩ばかりしているから。その分抑え目の価格でお出しします。
  
★グリーン/spアメリカンイエロー&ブルー♀6/24うまれ 決まりました
湊(みなと)の渾名で呼んでる子です。3姉妹の中では一番警戒心が強いですが、気を許した相手にはべったり。周囲を注意深く観察してて、要領がいいです。この気質、繁殖にもいいのではと思います。
 1001252mina.jpg
 
  
★グリーン/spアメリカンイエロー&ブルー♀6/28うまれ 決まりました
澪(みお)の愛称で呼んでる子です。濃いグリーンの頭がチャームポイント。姉妹の中では弱い立場のせいで若干ほっそり、でも元気。繁殖にあげる場合は要飼い込み。気質は安定しています。可愛いげのある娘です。手をかけられるなら手乗りに戻せるかも。
1001253mio.jpg

気になる子がいましたらお問い合わせくださいね!
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

出発前夜

鳥日記・雑
02 /02 2010
東京南部、この冬はじめてのまとまった雪になりました。
しんしんと降っています。
明日の朝くらいは、雀に粟穂供出してやりましょうか。

1002011.jpg
  
青マメ弟君、明日のお渡しです。
よりによってこんな日に雪。
寒いし、東京の交通機関は脆弱だからどうなることやら。
手渡しなのが救い。あったかくして行こうね。

怪我させないよう他の鳥とは別室で旦那に遊んでもらってたのですが、偶然政宗父さんが飛び込んできました。図らずも父子2ショットとなりました。
1002012.jpg

とりあえず、口にヒマワリ詰めとけば噛み付けないぞ、っと。
息子とは認識してないでしょうが、手を出すことなく静かに一緒におりました。
  
1002013.jpg

きつめの甘噛みは父譲りだけど、愛嬌があって物怖じしないところも父譲り。新しい環境に慣れればいい表情を見せてくれることでしょう。
   
向こうであなたを待ってる人たちがいるよ。
新しい場所で、あなたなりの道を、切り開くのですよ。
げんきでね。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

時の篩

鳥日記・雑
02 /01 2010
マメルリハの寿命は一説には20年というけれど、日本の一般家庭での飼育下では7~8年ではないかなと思っている。そもそも老齢で介護されるマメルリハに、ネットで出会う機会がほとんどない。
  
卵から生まれても、育てない子がいる。
何とか育っても、虚弱な若い子は大人になれずにふるい落とされる。
大人になった子のうち、壮年から老年に差しかかろうかというときに、いわゆる成人病みたいなもので一部が命を落とす。
老齢になった子は、ちょっとした変化に耐えられなくなっていく。
くぐりぬけた子も、やがて寿命尽きて死んでいくんだ。
  
1001311.jpg
まつもとさんが変だ。
うちの最古参の一羽とはいえ、まだ3歳の誕生日を迎えたばかり。
晩秋からどうも動きが鈍くて気にはしていた。換羽が来ていたのでそのせいかなと思っていた。でも、違うみたい。
 
軽い。横にいるるんちゃんの質感と全然違う。
飛び方にキレがない。飛距離が出ない。
きわめつけは足をかばっている。動くのだが力が入らなくて、私の手の上ですべって転ぶ。
1001312.jpg

1001313.jpg

なのに美しい羽の色で。
他のマメに負けまいと闘争心をあらわにして。
  
彼を病院に連れて行ってみようと思う。
妻を溺愛しているまつもとさんだから、治療のために別籠に離されたら凹むかな。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村