上野東照宮の彫刻

ヒト日記
01 /31 2014
1401311.jpg

上野の用事があったので、修復作業の進む上野東照宮に立ち寄ってきました。
関東大震災も、東京大空襲もくぐり抜けている江戸初期の建物です。
場所柄、たくさんの外国人観光客が訪れていました。絵馬に記された文字も国際色豊か。

赤い漆塗りの姿から、建立当時の姿に…とのことで、拝観料500円払って中に入ります。まだ工事中で社殿を一周はできませんが、本殿、それから透塀の6割くらいが見られます。
  
1401312.jpg
まぶしいよ!
キンキラキンだよ!
漆がトゥルントゥルンのつやっつや。
  
彫刻も、当時を再現するべく彩色が施されたとのこと。
活写された動植物がとても素敵で、こんなことなら一眼レフ借りてくりゃよかった~!! と思いつつも、携帯でばしゃばしゃ撮ってみました。
 
これは唐門の内側に施されたもの
1401313.jpg

1401314.jpg
 
なにげにトリ率がたかい。
1401315.jpg
 
ひとつとして同じものがない。
しかも、手を伸ばせば届くんじゃなかろうか…という程の至近距離で見ることができます。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

1401316.jpg

1401317.jpg

1401318.jpg

1401319.jpg

1402012.jpg

1402013.jpg

1402011.jpg
スポンサーサイト

青いマメルリハたち

鳥日記・雑
01 /19 2014
レスもせず、更新間隔も開いたままで申し訳ありませんでした。
  
政に続き、ブルーパステルのつぐみんを失いました。
08年に、我が家でそらとシェリーが初巣引きした6兄弟の1羽でした。きらっと大きな黒い瞳に均整の取れた体格、うちにはもったいないような美女ルリハ。
雄に恵まれなくて、独身を貫いてしまいました。
糞の状態が悪くて、換羽も来てて警戒はしていたのですが…。
  
1401192.jpg
つぐみんの最後のパートナーだった華(はな)です。つぐの妹で、リングは018ですから彼女も比較的古くからいるメンバーです。華も換羽で身体のキレが悪い。
  
1401193.jpg

1401194.jpg
これは、じっちゃん&さーちゃん、一緒に政宗のパートナーだったすぅが写っています。すぅはつぐみんの同腹妹です。改めて見ると、羽根や足に加齢を感じます。
が、若い時に散々バトルで培った貫禄は十分。
最低限の威嚇で、若い無作法なルリハを怯ませます。

1401195.jpg
これは華とオカメ雛の長門ちゃん(という名前になりました)。
華も他鳥を威嚇はするけど怪我まではさせない。
  
数が多くなって出せなくなって、怪我を恐れるあまり同時放鳥もあまりしなくなって…社会性を育む機会を奪っていたのかな、と思いました。
すき、きらいだけじゃなく、「許容する」とか「上下関係を学ぶ」とか「挨拶」とか。時には「絶対許さんから叩きのめす」ってのもあって人間が流血覚悟で仲裁に入ることもありましたが。人間的な表現になっちゃいますけど、同族に敵意をないことを示す方法などは、実際に揉まれた方が身につくものではないかなと。
  
1401196.jpg

華がすぅの羽繕いをしていました。
どちらも綺麗に手入れされていた頭がぼっさぼさ。
順位の低い華が、ちゃんと手順を踏んで、気持ちを表して近づいていく。
散々手荒く揉まれた古参の子ならではの様子でした。
  
1401197.jpg

降りられなくなったみんみん君。
みんみん、じっちゃん、さーちゃんが一箇所に固まっていたのも笑えました。普段は特段仲なんて良くないのですけど、古参のおっかない姐さん達よりは知ってる面子のほうがはるかにマシと思ったんでしょうか。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
  

近況など

鳥日記・雑
01 /08 2014
今年もよろしくお願いします。
 
1401082.jpg
 
残念なお知らせから書かなければなりません。
昨年12/30に、アメリカンホワイトの政宗が亡くなりました。
ネットを通じて可愛がってくださった皆様に感謝を申し上げます。
  
対人ではやんちゃで懐っこくて、パートナーのすぅには亭主関白。
まっすぐ物を見るときは、ちょっと斜めに構えて、視力のいいほうの目で。
アイスブルーの羽根に無骨な銀の足環が格好良くて…"恋する小鳥"の「LOVE」が刻印されたリング。いっぱいの愛を運んできた子。
子沢山な夫妻でした。
ずっと、政宗はいつだって元気で、じじいになるまで普通にいるもんだと思い込んでました。
1401083.jpg
  
奴の愛に答えられていたのだろうか、と思います。
亡骸は、なき、がら、で、既に魂はそこにはない。
死体の傍には、すぅが産んで壊れた卵がありました。
たくさんの選択肢。なんかいも踏み間違えました。
失ったものは帰ってこない。  
そんな当たり前のものをじゃりじゃり噛みしめていた年末年始でした。
   
--------

1401086.jpg

「それでも待ってくれない」人たちです。
レンちゃんは、切り替わりません…。
もう切り替わってもいい頃なのですが、年末年始、連れ歩く羽目になりました。
 
1401087.jpg

うしなわれたやせい、って感じ?
 
オカメは12/30に親分けをしました。
その翌日には1番上はフライト。出すの遅すぎた。
 
1401084.jpg

1番上はWFの、ど! ノーマル。
年始に鳥には興味ない人に会ったのですが、この子を見て「全身グレーで精悍で格好いい」と評していたのが新鮮でした。
つい、レアカラーを追及してしまいそうな自分を反省。
 
1401085.jpg

2番目がパイド。「時雨(しぐれ)」ちゃん。
3番目はパールパイド。「霰(あられ)」ちゃん。
どっちも凄い抜けっぷりです。情緒もいいですね、安定してます。
  
オカメ繁殖は旦那のリクエストにも後押しされました。。
春仔がめでたく卒業していったあと、まとわりつくのがいなくなったのが予想以上に寂しかったみたいです。
毎日のようにもふもふ遊んで相手してくれています。良い手乗りオカメーズに育つでしょう。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。