スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝♪「萌え死に。」書籍化と昔話

鳥日記・雑
01 /22 2009
写真集『萌え死に。』1/24発売です。
http://www.ozmall.co.jp/moejini/ 
bnr_125x125.gif


ハードコアに可愛いもけもけ写真満載の
ミクシィのコミュ「萌え死に。」が満を持して
書籍化になりました。わーい!
     
素人の投稿写真が多いです。
ゆえに、生活の一部をふっと切り取ったような
優しい視線の写真がたくさん。
   
このコミュ、親ばか(一応)禁止で、
誰が見ても可愛い写真を貼るべし、という規定があり、
また、添えるコメントは一撃必殺が好まれます。
本当に写真がすべてを物語る。
これこのように
jittann.jpg

(サイババにゃんこ法師様からお借りしました。禁転載)

猫じゃ駄目? じゃあトリの一例、こんなのは?。
2004 02-14 ANA 8 Op  Split Op Chicks in Nest cropped
(出典失念の拾い物につきこれも禁転載)
どう?
なにかどこかにきゅんきゅん来ますかね。
 
書籍化にあたり収録されたのはごく一部。
権利関係や画像サイズその他の理由で見送られた
即死もの画像がコミュのあちこちに散乱しています。
ミクシIDをおもちの方はどうぞ一度覗いてみてください。
  
---------
実はこの本、我が家のそら&るんが掲載されており、
発売前にひとあし早く見本誌をいただきました。
当時を思い出すと、感慨深いです。

0901221.jpg

コミュに投稿した記念写真の別Ver.
一緒に写っているのは同じ色、性別、同じ幼さの、
るんの息子と娘です。
0901222.jpg

こちらは掲載写真の別バージョン。2007年冬。
お迎えして3日目くらいの、幼いそら&るんです。

私がマメルリハを知るきっかけになったのは、
この「萌え死に。」コミュの投稿写真。
見たことない、クリアで鮮やかな色とりどりの
鳥達に、まさに瞬殺されてしまったのでした。
……不純な動機でお恥ずかしい。
でもでも、だから余計に本に載ってしみじみしてしまうのです。

まず、名前を調べるところから始めて、
ネットに散らばる断片的な情報をたぐり寄せて。
   
本物をみたことがないまま、ブリーダーさんにお願いして
譲っていただいた最初のマメがこの2羽。
初めて目にするマメルリハは、予想以上に、
とても美しい鳥でした。
以降、深みにずっぽりはまって
こんなとんでもない鳥屋敷に…。
  
そら、るんはその後それぞれ別のパートナーを選び、
可愛い子供達を見せてくれました。
本に掲載された子達もそれぞれの人生を歩んでいます。
先の仔猫じったんは、いまは立派な大人猫です。
中には本の発売を待たず、虹の橋を渡っていった子もいます。
  
その一瞬の記憶、その子への想いをうつしこんだ写真たち。
回りくどい説明が添えられなくても伝わるものはあるはず。
  
最近、ブログ等の写真を可愛いといっていただける
機会が多くなりました。親ばか炸裂なへっぽこ写真ですが、
少しは見る人たちに幸せな気持ちを分けられているでしょうか。
にほんブログ村 鳥ブログへ

コメント

非公開コメント

萌え死に。見てきました。
可愛い画像にメロメロ、萌え~です。
私もつい2年前まではマメルリハと言う鳥は知りませんでした。ネットでたまたま見て、虜になって検索しまくって、ペットショップに電話しまくって、
やっとお迎えできました。
まだまだ小鳥への知識がうすくて、かわいそうな思いをさせていると思います。
もっともっとマメルリハの事をしって、ねねさん宅みたいに鳥屋敷をつくりたい、鳥に囲まれて過ごしたいと言う思いです。こんなにマメルリハを好きになったのは、ねねさん家の萌え死にしそうなくらいかわいい画像を毎日見ているからです。これからも、萌え死に、萌え失神しそうな画像を見せてくださいね。

みふうさま

萌え死に。は、みなさんよくこの一瞬を写すなぁと。
私もきゅんきゅんなベストショットを捉えられるよう
精進したいと思います。
  
先日、本格的にブリーディングされているかたに
お会いする機会があって、自分がまだまだ未熟だと痛感…。
でも、マイペースで発信はしていきますよ。
ミクシのマメコミュもおっかなびっくりの筈が、
いつのまにかガシガシ書き込んでいる自分がいます。
自分がかつてそうであったように、いつか
誰かの何かに役立つのかもしれないもの。
各所でオープンな情報交換ができたらいいなと思っています。

こんばんは

お邪魔します。
コメントは久しぶりにさせていただきますが
こちらにはよく・・・(笑)
可愛いお子ちゃまマメちゃんの写真に癒されます。

私は最初、セキセイさんのつもりで調べていたのですが
多種飼いの方のブログでマメルリハを見て秒殺でした。
S家でお迎えの日に初めてマメを見せてもらって
あまりの可愛さに感激をしました。
・・・と同時にこの小さい命を預かる責任を感じました。

ねねさんのお宅は着実にマメちゃんが増えていて
拝見させてもらう私としては楽しみが多いです。
これからも可愛い写真をいっぱい見せてくださいねー

マメやっこさま

実は私も蒼太さんの記事を読みながら
そのまま読み逃げております。
まだまだマイナーで数の少ないブルーパステルの伝道者となっておられますね。愛が写真や行間からあふれてて良いです。
  
この小ささマメマメしさ、
もっと普及していい鳥だと思うのだけどなあ。
   
うち、本当に数が増えちゃって以前ほどは行き届かない点もでてきました。特に手乗りの放鳥時間がうまく取れなくて…。でも、迎え入れたからには精一杯の愛で受け止めたいと思ってます。

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。