スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Parrotlet Handbookの新刊が出たようですよ

鳥雑貨
04 /16 2009
にぎころーん♪ @てんちゃん。
虚弱なりに育って、大人っぽくなってきました。
0904151.jpg

今日は本の情報を。
The Parrotlet Handbook (Barron's Pet Handbooks)
51ySmrh.jpg

  
緑インコの表紙で有名な本の、続編? 改訂版?のようです。
タイトル、体裁、出版社は同じですが、執筆者が変更になっています。
前回が99年刊行、それから10年ということで要チェックですよ奥様。
  
ねねは…横文字にトラウマがあって見ると吐き気がする性質なのです。前に海外サイトご紹介しましたが、あれですらもうダメージ大で。今回は読まなきゃだめかなぁとひよっております。未読でのご紹介なので、詳しい内容レポができなくてごめんなさいなのです。

   
情報元はこちらのサイト。
「たか屋ブログ」
本店は鳥モチーフに強いアクセサリパーツ屋さんです。
時々妙なものを売ってるので侮れません。
    
ちなみに、今入荷してる一点もののマメルリハブローチが愛あふれすぎ。
うつくしい。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

こんばんは。

うわー! にぎころ可愛いですねー。
何かコツなどありますか?

私も横文字が苦手ですが、上のような本があるのでしたら、めくる事から始めてみようかな(笑)
ブローチ、とっても素敵ですね。
グリーンがあったら、すぐにぽちっとしてしまいそうでした。

Kuroさま

ニギコロはいまだに未知の領域。うちでできる子は2羽だけです。
どちらも雛の時からひっくり返して遊んでましたが、同じように育てても、じゃじゃ馬娘の華やコウはできないです。性格とかあるのかも。
  
この本の99年版は、洋書では定番中の定番らしいです。ぜひぜひ。

たか屋さん、鳥好きのツボをくすぐる一点ものを海外から入れてるので、けっこうな誘惑です。日本の同人作家さんの可愛い雰囲気とまた違った感じで。
アクセサリパーツ見てるとハンクラしたくなりますが、なかなか余裕ができないのが寂しい今日この頃です(;_;)

わぉ、憧れのニギコロ、
多分一生味わえないニギコロ。
羨ましいです。
いつも質問攻めしてスイマセン。
そして丁寧にお返事していただけることに感謝しています。
今回きなこの事で、質問した時、画像付きで説明していただけて、きなこの異変に早く気づくことができました。
お陰で大事に至らず、元気に過ごしています。
だいずはピーピーうるさくて、きなこが巣箱から腹ぼて、がり股で怒って出てきて、だいずの頭をコツンとつついて巣箱に帰ると言う姿に笑わされました。今回は孵化しなくて残念ですが、元気にしてくれているので、それだけでいいです。
また、色々お聞きすると思いますが、宜しくお願いします。

みふうさま

まっ! 若いのにかかあ天下v-22
所帯持つと女の子は強くなっちゃいますね。
  
私もいつまでたっても勉強不足な素人のままですけど、お役にたててよかったです。こんなんでよければいつでも聞いてください。こちらこそよろしくお願いします。

ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃
ひゃぁ~~~、夢のニギコロだあ!
いいですねぇ、あのふわふわでほわほわにあったかい子が手の中でコロンとしてるなんて・・・

こちらは、未だに軍手したままですから(>ω<、)

まめぴ~さま

うーん、マメの本来の姿はそちらのほうが近いような。愛があってもなくてもとりあえず噛む。噛まれる。元気でよろし(^^)
  
こちらも生傷たえません…。

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。