ご報告

ヒト日記
08 /05 2009
既に複数ブログの掲載記事よりご存知のかたもおられるかと思います。今回、当方から出しました春雛よりAGY陽性の鳥が見つかりました。
  
これを受けまして、当方では同時に育成した鳥を受け取った方全員にご連絡をしております。
その後、現時点で8羽から陽性のご報告を受けました。かなり深刻な罹患率と受け止めております。
  
当方の対策といたしまして、獣医師の指導のもと、全羽への投薬と飼育設備の消毒を実施いたしました。また、今後は巣引き前の健康チェックの強化を図っていきます。
先日まで掲載していたグリーン若鳥の里親募集に関しましては、罹患の心配がなくなるまで見合わせます。
  
最初に見つかったのがブルー/パステル系「そら」「シェリー」ペアの仔だったことから、この親鳥2羽に関しては今回糞便検査を実施、陰性の結果が出ました。
アメリカン系「まつもとさん」「るん」に関しましては雛がいないことから今回チェックをしていません。昨年に検査を実施しましたときは陰性でした。 
  
今回のことを教訓に、より衛生的な環境作り、また、健康で病気に負けないマメルリハを生み出す努力を続けていきたいと考えております。
関係の皆様には大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
  
ねね

コメント

非公開コメント

うちの子はねねさん家出身ではないですが、先日の健康診断でAGY見つかりました。
マメルリハは多いみたいですね。
ショックでしたが、治療して体力維持に努めれば大丈夫と思っています。
mixiに状況アップしてまいりますので、何かアドバイス等ございましたら、教えてください。

冬花さま

マメルリハのAGYは多いと聞いていて警戒していたのですが…うちは大丈夫という甘えがどこかにあったのかもしれません。
治療がんばりましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もねねさん家出身ではないですがAGYが見つかりました。初マメルリハでまさかのAGY。くちばしが怖くてつかめもしない飼い主が真剣に投薬したんですよ・・・。

ウチがAGYだからかもしれないですが、AGYのマメルリハ多いんですね・・・。
びっくりしました。ウチは8日に再検査です。

アルさま

AGYに関してはまだまだ未解明なところがあるのが判断に困るところ。治療方針も見つけ次第叩く医院と、身体の免疫力を生かしていく医院と分かれてますね。
私は前者のポジションを取っていますが、病気に負けない身体を育てることも大事にしなきゃと思っています。
  
いい結果が出ますように。

にょろねね(~ねね)