スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーム色のセキセイがやってきた

鳥日記・雑
09 /30 2009
悩める青年セキセイ・セラ坊の話相手になってもらえないかなぁ…と、女子セキセイを呼び寄せました。
  
セキセイというのは野生下で集団生活するトリだからでしょうか、豆に比べて許容範囲が広い。というか、いちど仲間と認めると紳士的な対応をするように思います。セラ君も、谷口夫妻と一緒に飛んでますし、会話してます。一時は同居もしてました。
でも、谷口夫妻はやはり産卵経験あるペアで2羽の結びつきが強い。そして、セラにはある一線から絶対に踏み込ませない。
セラはずっとひとりぼっち。手乗り崩れから戻せないまま、人間と遊ぶこともあまりない。豆のリーフや、亡きてんちゃん達とはまあまあでしたが、それも許容してる、という程度で…。
0909301.jpg
  
Luna's Houseさんの「いつは」姉さんです。
ダブルファクターのクリーム、本物を見るのは初めて。羽衣の血を半分だけ引いてて、頭にぴょーんと、梵天ともいえない程度に癖っ毛があります。

0909303.jpg
人が近付くと、里元から持ってきたお気に入りのおもちゃに避難。
これ以上いじめると金網に張り付いてしまいます。
 
 
で、肝心のセラといえば、鳴き交わすこともなく腰がひけている…。(籠はちょっと離れたところにあり、ちらちら姿が見え、声がはっきり聞こえます)
0909304.jpg

えええ? 花の独身セクシーな女子セキセイだよ? おっさんセキセイだの女子マメを口説きまくってたあの勢いはどうしたのよっ。 
  
こうしてむると、セラはまだまだ子供じみて見えるなぁ。
繁殖狙えなくもないけれど、まずは同居できるか、から。。
いつはちゃん、数日様子見てから、本格お見合い開始です。


タイミングいいんだかわるいんだか、旦那がたまたま非番で休み。ふと見たらいつはちゃんの籠に旦那が手を入れて頑張ってました。輸送翌日にそんな大技はっっその子手乗りじゃないってば。
ずいぶん粘って、とりあえずボディタッチと、手渡し麻の実ができたってニコニコしてたけど、あんたが立ち去ったあと、彼女緊張が解けて脱力しまくってるじゃないか。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。