恋のトライアングル

鳥日記・雑
03 /07 2010
1003071.jpg
育成中の雛たち、こんなにふあふあになりました。
折をみてこねこねと遊んでます。
1003072.jpg
かきかき大好き。にぎころは訓練してません。
1003073.jpg
これが揃いも揃っておっとなしい。
初フライトはしたけど、その後飛んでない。
指にじゃれついて、兄弟ではみはみして。
これがルチノーの血か?

  
さて、雛のお母さんのリーフちゃん、彼氏は本妻の所に帰っていきまして、シングルで暮らしています。元気印がなんとなく寂しそう。そんな彼女に忍び寄るのは、羽衣セキセイのセラっち。
昔から緑マメ全般が異常に大好き(なんで??)。一人でふらふら遊んでるリーフにつきまとって落としちゃいました。
1003074.jpg

普段はこんなに接近なんかさせないのに、彼女の心の隙間に入り込んでしまったようで…。
  
だがこいつも黙ってない。
元祖『愛の伝道師』まつもとさん。彼も独身時代は女子マメを片端から口説き落とした男。ほんとに駆け引きが上手なんだ。いま療養中で一人暮らし=ストッパーになる嫁いない。リーフにさりげなくアピールして、あっという間に篭絡。
1003075.jpg
優しくカキカキ、クネクネとディープキス。
が、その吐き戻しプレゼント、腎臓悪い鳥用の療養食なんだよねー(^^;;
 
1003076.jpg

異種男と病気男と弱った女とで三つ巴。

1003077.jpg
とかいいつつ、セラはいつは姉さんといい感じで盛り上がってるのでありました。いっつあんの年齢を考えると、今年が最初で最後のチャンスかと思ってます。
羽衣があたらないように、セキセイ巣ではなく少し大きめのボタン巣を調達しなきゃ。
  
春の巣引き準備、まったく進んでません。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

恋の季節ですねー。セラくん、なぜ緑マメ限定??不思議ー。そしてまつもとさんが恋の達人だったとは…。元気になってる証拠でしょうか。

うちのコザクラ、今朝一個産みました。けど、肛門周りうっ血で紫色。高齢なのによく頑張っとほめてあげたけど、まだ先は長そうです。今回は卵管脱とかやめてほしいです(>_<)

じゅじゅさま

コザクラさんがんばれ。 産卵は身体削るから、見守る側もどきどきだと思います。うまく乗り切ってくれますように。
  
セラは…ほんとに緑好き。恐らく緑マメと一緒に挿餌されて育ったと思うけど、それだけでこうなるかなぁ。
まつもとさんは調子いいです。放鳥を控えると却ってストレス溜めそうで短時間無理ない範囲で放してます。が、その短時間にいろんな子にちょっかい出す。記事のリーフ以外にも口説き落とされた女子マメが他に数羽。快復したからこそできることですが…。

あれ?

ブルーっこは?
ぱやぱや。もうねーたまりません。
小鳥の恋の駆け引き・・これ。おもしろいですねー
プッププ~。この鳴き声が聞こえると・・・
片足上げて何やらやっとります。
マメ女子。見た事ないからな~きゃつらは(笑)
ひれ伏すかもです(今後もないですが)想像すると面白いです。

mayukoさま

ブルーっ子はまだまだ赤ちゃんだから、隅に隠れてしまうのです。
恋の駆け引き、同性しかいないと怪しいことになってますよね。うちもあっはんうっふん聞こえると思うと女子マメ同士。仲良いのはいいのだけれど…。
さて、その輪にてんちゃんが引きずりこまれるのはいつの日か。

にょろねね(~ねね)