横丁で『ルリハインコポスター』を買ってみた(簡単に和名もつけた)

鳥雑貨
07 /26 2010
とりきち横丁さんで、ずーっと迷ってた「マメルリハポスター」を買ってしまいました。インターネットは何でもありの魔窟です。
   
これ、刷られたのは品種のラインナップ見る限り結構前だと思います。以前、こんぱまるでも輸入してましたね。(在庫あり処分価格らしいですが、こんぱまるの傷みありは本当にきっちり傷んでるからなぁ)
届いたものも、若干の経年を感じさせますー。
ヘタレな自分がちょっと調べた範囲で、和名をご紹介。
飼い鳥として一般的なルリハインコ属を網羅、ってポスターです。
左上から1,2,3…と並びます。
1007266.jpg
☆追記☆もうちょっと詳しく書けそうです。後日書き足します。
--------
1.Forpus Cyanopysius
Mexican Parrotlet
メキシコルリハ
 
2.forpus c.insularis
mexican parrotlet
メキシコルリハの亜種 
 
3.forpus passerinus
green-rumped parrotlet
テリルリハ

4.forpus p.viridissimus
green-rumped parrotlet
テリルリハの亜種
(英語でVenezuelan green-rumped parrotletやCaralas Parrotletと呼ばれてる)
------
5.forpus p.deliciosus
green-rumped parrotlet
テリルリハの亜種

6.Forpus xanthopterygius
Blue-winged Parrotlet
ハシブトルリハ

7.Forpus x.flavissimus
Blue-winged Parrotlet
ハシブトルリハの亜種

8.forpus x.flavescens
Blue-winged Parrotlet
ハシブトルリハの亜種
------
9.forpus conspicillatus
Spectacled Parrotlet
アオメルリハ

10.forpus conspicillatus
アオメルリハの色変わり イサベル

11.forpus c.caucae
Spectacled Parrotlet
アオメルリハの亜種。コロンビア西部、アンデス山脈より西のカウカ州~ナリーニョ州に棲む。黄色味が薄くなって青が強調された色合いになる。一般的な普及種と外見的にあまり差がないこともあって、飼い鳥にはあまりいない。らしい。

12.Forpus coelestis
Pacific Parrotlet
マメルリハインコ ノーマル
--------
13.マメルリハ ルチノー

14.マメルリハ ブルー

15.マメルリハ ファロー
--------
16.マメルリハ イエローパステル

17.マメルリハ イサベル

18.Forpus xanthops
Yellow-faced Parrotlet
キガシラルリハ
-----------

2.などで、学名の一部がc.と略されてるけど、これはCyanopysiusの略。その種内での亜種だ。
テリルリハやハシブトルリハも同様。
17.のイサベルは本来赤目の種類のはずだけど、画像は黒目ですな。でも、ノーマルより羽根の色がシナモン風に抜けた感じが見て取れる。
10.のアオメルリハの色変わりも、こんなのいるんだ! と。
  
あと、あまり見かけないテリルリハ。
マメよりちっちゃくて、本気噛みは痛いけど
のんびり屋さんって…なんですかそれっ。
萌えツボ直撃なんですけど!!
 
というわけで、だいぶ横丁さんの店頭在庫も少なくなってきたこのポスター、興味のあるかたはお早めに♪

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

アオメルリハ。どこで切りゃいいんだ?
写真見て(診療所にあったコンパニオンバードを見て)
もうチョイきれいにマメを撮ってくれんかね?とか。
目の周りがアオイのね。とか。カタカナはいかんです。
イサベル。うーやっぱりブルーマメがいいわ。とか。
血が混ざるのが懸念されていたけれど。
色じゃなく、マメの種類がこれだけいるって事に驚きです。
興味深々。とりきちさんへゴー♪ですわ。

mayukoさま

コンパニオンバードの特集は、マメ飼いさんにはちょっと寂しい特集でしたね。有益ないい記事だけど、もっと、こう…良いところが伝わらないのがもどかしい。
写真も、書籍のものより個人ブログの中の画像のほうがつやつやもっちもっちで、どうしてこういうの紹介してくれないのかと。れんちゃんなんかいいモデルになれるのにー。
 
このイサベル不思議。
定義か遺伝子が2種類以上あるのかなぁ。英語読めないのでわからない。
   
マメの種類はあと数年で急激に出回る種類が増えます。セキセイのように、ぱっと見ただけでは判別しがたいものも増えてくると思います。このポスターの第2弾が出たら、もっとカラフルで楽しいことになるはずです。

にょろねね(~ねね)