スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気じゃなくて中毒ってそれって事故で

鳥日記・雑
04 /30 2011
巣上げした雛を、翌朝太陽光の下で見たらストレス線がばっきばきでした。毎日のように有感地震があった頃でしたから、そんな中よく頑張って孵して育てたと思います。まー坊&すぅ、うちの親ペアの中では若干神経質なほうなので。写真全然撮ってませんが、かわゆい盛りです。
   
   
健康面が低めで安定していたブルーパステルの春日君、病院送りになってます。
2月くらいから冴えない顔色していて?? と思って、ちょっと先の予定で病院に健診の予約を入れていたのです。
が、すこしずつ握力が落ちていって、とうとう止まり木に掴まれなくなってしまった。アザラシのように床にへたばってるのに、膨羽はなくて、もぐもぐ口は動いて床に零れたご飯拾って食べている。
床に立たせると、脚ががくがく震えて立っているのがやっとの状態。急ぎで診てもらって即入院&強制給餌。
  
結果、金属中毒でした。
症状が急性ではなく、緩やかに変化していたので、まさかの理由でありました。
レントゲンを撮影したら、くっきり。グリッドと同じ大きさだから、せいぜい1,2ミリくらいでしょうか。
そんなわけで無事軽快しました。が、体力が戻りきらなくてまだ入院中。GWで病院の外来は連休、たっぷり余裕をもって養生することになりそう。さ、財布にぺんぺん草が…。  
   
金属中毒なんて、こんなもの飼い主の不注意以外の何者でもないのです。が、原因が皆目わからない。
影が映るということは、なめたわけではなく固形を呑みこんでいる。
ケージの錆びはない。荒鳥で、おもちゃに全く執着しないし、カーテンの裏に潜りこんで探検しまくるわけでもない。かじり木は大切に使う派。たまに飛ばしたってぼーっとカーテンレールに乗っているか、女の子口説いているか、他人の籠に入ってシード齧ってるか…。
丁寧に掃除しながら、怪しいものがないか再確認するしかなさそう。原因を特定できないと、他の子で同じ事故を起こしてしまいそうで怖いです。
ちなみに以前、部屋に飾っていたステンドグラスのランプ&写真立てはとっくの昔に移動済み。半田はどう考えても危なすぎる。


緑のはっちゃんは治りかけの小さな傷を咬んじゃって爪が1本とんじゃったし、ああっ、もう、次から次へと…。
 
りっちゃん(リク)が、秋草インコのお宅訪問に硬直する今日このごろ。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

そんなことが…。
金属とか、うちは危険だなあ。
ちゃっぴーはトイレとお風呂以外全部行っちゃうし
テレビの裏とか押し入れも見に行っちゃう。
きゅうりはかじり木が大好き。そろそろ金属にたどりつくかな。
危険!かじり木取り替えないと

そんなことがあったんですか。。。
金属。。。
ごくごく当たり前にあるものが、
命を奪う凶器と化す…。

うちの青豆はまず私から離れないし…
コガネは出てこないし、
緑豆が不安。。。
とりあえず、自室で放してるので
そんな危険なものもないと

人間は思い込んでいるが…。

う~ん、、、心配になってきた。
ちょっと部屋、見直そう。

って、ケージの中にいても危険なのか…!!
止まり木もおもちゃも…

全部怖くなってきたorz


あと、その金属だけど…
ホチキスの針。とか…?

1回、うちの友達の鳥さんのエサに入ってたの!!
それは友達が気づいて、なんとか誤飲的なものは防げたんですよ。

冬花さま

テレビの裏に押入れですか!
アクティブだなあ。
 
かじり木の金属は大丈夫かなぁと思ってるのだけど、早め交換にこしたことないですね。インコ用品の金属部品で怪我しちゃう子、時々います。
手で触って確かめてから渡すようにしてるけど、ゼロにはできないです。
    

あるみかんさま

(人間の)赤ちゃんが歩き出す前に、はいつくばって赤ちゃん視線で見直して、危ないものを取り除きなさい…といいます。
人間には小さいものでも、鳥にとっては魅惑的で程よいサイズだったりするのでしょう。金属中毒をやった子の再発率が高いというのも気になるところ。惹かれちゃうらしい。
 
今回はホチキスの針ではなかったです。(症例写真で針の形くっきり写っているのをみかけたことあります)。 でも、ここだけの話、混入による誤嚥の可能性は完全否定できない。
    
もう今回は何なんだか…できることだけやって、帰りを待ちたいと思います。

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。