スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひみつのはね、みつけた

鳥日記・雑
08 /09 2011
1108101.jpg
今日は水浴び日和だったようで、セキセイ達が大胆に顔を洗っていました。倫ちゃんもよく濡れた。満足げ?
1108102.jpg

 

最近、ブログ登場回数が多くなっちゃってるモル坊。一羽飼い隔離になっちゃってる上に温和だから、ついつい…。で、カキカキしてるときに気付きました。
一枚白い羽根があるじゃんか。
1108103.jpg

1108104.jpg
かきわけるとこの通り。
パイドといえない1枚チョロだけど、先達はこんな鳥同士から品種を作っていったのでしょうね。
  
にしても、パイドなんてまったく眼中になかったから4年も気付かなかったのか、いやそんなことはないだろうと古い写真を発掘。ああ最強にかわゆい…(萌)
このくるんとした頭から、もぐらの(mole)。
1108105.jpg
  
うん、最初はなかった気がする。
ということは、たんなる白髪?
真実はわからん。
  
確かに老化とか病気で羽毛の異常ってのはありうるんですが(小桜の赤い羽根とかセキセイの黒化とかオカメの黄羽とか)、その場合は他の症状も伴うかな。
   
マメルリハ本来の色彩は2,3年経たないと出ないんじゃないかなって思っています。
幼鳥→成鳥でかなり鮮やかに羽根の色が変わるでしょう、2年越すとさらに濃くなる…気がする。グリーンやブルー雄はぱっきりとしたカラーリングに。ブルーパステル女子は濃さを増しました。たぶん、パイドの場合は白抜けがはっきりし、また体色全体もパイドらしいカラーリングへと。
(パイド因子の働きで、抜けていない部分の体色も淡くなることがあるんだそうです。これの度合いは個体差があります)

 
これは最近のまりん(ブルーパイド)&ひより(ブルー)
最初は毟られてるだけかと思ってましたが、明らかにどらえもん化白っぽくなった。
1108106.jpg
 
これが2010年のまりりん(右下)&ひよりん
この頃は2羽ともおなじくらいのブルーだったのよね。
1108107.jpg
    
加齢に伴う変化をじっくり楽しめるのも、世代交代とか度外視ののんびり飼いだからだわなーと呑気に見守っています。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


こんな調子じゃあ、数年後には萌え萌え雛写真じゃなくて、老鳥介護の写真記事がてんこ盛りになってるかもね。

コメント

非公開コメント

変身

う、たった1年でここまで変身しちゃうもんなんですね
パイドって違いすぎる!!

モルちゃんの秘密の1枚羽は昔は無かったんですね
途中からこんな風に出現するなんてマメって面白いですね
いつか、ねねさんにコロンちゃんの怪しい羽色を判断してもらいたいです
彼、段々っと色が褪せて?薄く?なっていっちゃってるんですよ
老化現象??

片羽インコさま

パイドの範囲が広がったり、色が変わったりするとは思ってもみませんでした。守備範囲外とはいえ、パイドはほんとにわからんです…。
  
コロンちゃんの、あの色はいつ見ても不思議ですね。シナモン? グレー? パステルの濃いの? それともマメ以外ルリハ? まさか老化ってことはまだない…かなぁ。
コロン先生は、あの佇まいが良いのです。

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。