スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝絡みのご質問に答えてみる

民間療法
08 /18 2012
遺伝についてすこしご質問いただきました。
せっかくなので公開でお返事です。
  
やはり頼れるのは英語のこの2サイト。
英語なんだけど(泣)
  
★International Parrotlet Society
http://www.internationalparrotletsociety.org/index.html
 
★Parrotlets Scotland
http://www.parrotlets-online.co.uk/index.shtml

--------
 
Q:なんでグリーンがBBでブルーがbb?
グリーンだから、GGの方が分かりやすくない?

  
これは、ブルーの側から見てみてください。
bb→ブルーの(劣性の)遺伝子が揃っているから体色がブルー
BB→ブルーの遺伝子がない。だから野生色(グリーン)
 
 
Q:アルファベットの表記の決まりってあるの?
 
決まりはありません。だから、○●、☆★など自分がわかればいいんです。でも、実際に書こうとすると絵文字では面倒。
だから、アルファベットが手軽。
数学の証明問題と一緒で(というと語弊があるかな?)何の文字が何を指すのか、最初に定義付けをしてあげます。
    
----------
それから、外国では
アメリカンイエローを「ダイリュート」
アメリカンホワイトを「ダイリュート ブルー」
と呼ぶケースもあります。
この方が捉えやすい…かな?

じゃあ、実例行くよ!
 
Q:うちの子、アメリカンホワイトspファローです。記号でいうならどう表わしたらいい?
 
出てくる因子は3つですね。それぞれ以下のアルファベットで表してみます。
大文字が優性、小文字が劣性。
ブルー(BB、bb)
ダイリュート(アメリカンイエロー)(YY、yy)
ファロー(FF、ff)
  
「ブルー」「ダイリュート」の2種類の劣性因子が揃っているのがアメリカンホワイトです。
ファローはスプリットを持っている。←2本そろわず、1本だけ持っている。
これを上の記号であらわすと
 
bbyyFf
 
になります。
 
参考になれば~。
 
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

はじめまして?だったかな?
大変楽しく拝見していました・・(笑)

とても勉強になりました、これからマメルリハを飼い始める予定なので!
ちょっと難しいけど勉強してみたくなりました♪

とても分かりやすいご説明を、ありがとうございますe-2
海外のサイト…ピンクのマメにビックリしちゃいました(笑)

アメホspファローはbbyyFfですか~。
じゃあ、この子の嫁は
グリーンspアメリカンイエロー&ファローなので…
BBYyFf…(であってるかなぁ?)

これを、表にして当てはめて行ったら良いんですね~。
って、できるのか、めちゃくちゃ不安ですが(笑)

お忙しいのに、記事にして頂きまして、本当にありがとうございましたe-266
これからも、少しずつ理解を深めて行けたら良いなぁと思いますe-454

ゆきままさま

たぶん、はじめまして…だと思いますが
鳥系のブログや掲示板などですれ違っているかもしれません。
  
マメ過激でかわいいですよ!
ツンデレばんさい。たまらんですよ!
ようこそこっちの世界へ。
   
ブログは長年にわたって書き続けていまして、その当時当時のことが書かれています。問題ありそうな記事には追記するように努めてはいますが。
飼育情報などは案外とうつりかわるものですから、新しい情報を得るようにしてくださいねー。

minnさま

結局こういう形でのお返事でごめんなさい。
  
でも、私の疑問はあなたの疑問…といいますか、
いい機会だと思うのです。
こういう公開の場所なら、あとから情報を探してきた人とも共有ができます。
それがWebの強みだと思います。
   
記号の書き方はこれで正解だから、あとは表に嵌めて考えればOK!
いろんな鳥が産まれる可能性があって、楽しいペア組みだと思います。

International Parrotlet Societyのホームページを参考にってすごいですね。日本語で解説されてもちんぴんかんぷんです。このIPSの方と数回メールさせてもらいましたが、とても親切です。自分のブログも持たれていて、噛まれるのですけどみたいな質問にも懇切丁寧に答えています。繁殖年齢や 寿命についても書かれていて勉強になります。

ゆみさま

IPSは、ちょおおっと…ハードなのですが、下手に断片的な所よりはいいかなと。
海外でも、ネットを通じた鳥飼いさんどうしの交流は盛んのようですね。掲示板などをのぞくとがんがん意見交換してたり、その横で愛鳥自慢してたり。
日々勉強…ですね。

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。