距離をはかるよ

鳥日記・雑
01 /07 2013
年末にかけて雛っ子ルリハが何羽か卒業していきました。
それぞれのお宅から元気そうなご報告をいただいて、無事にお渡しできたことにほっとしております。
   
いま、若い子はイエローパステルが2羽、グリーンが2羽手許に残っています。
ぜんぶ雄。この子たち、挿餌雛のころから険悪だったので今まで避けてましたけど、今日はじめて同時放鳥してみました。
 1301075.jpg
 
一応この距離まで縮まった。
でも、仲は悪いのです。挨拶カキカキはまだできない。
ちょっとしたことで嘴でジャブ入れあってました。
  
1301076.jpg

初対面でもすぐ仲良くなる場合もありますが、そう行かないことも多い。すると、腹の探り合いをする様子を見守ることになります。
マメルリハの場合(と一元に括るのも危険なのですが)仲良いカップルですら軽い小突き合いをします(だから逃げ場って大事だと思う)から、どこでレフェリーが入るか迷うと思います。
寄っていった鳥を追い払う程度なら余裕で大丈夫。嘴でコチコチとジャブ打ってる程度ならこれも様子見。
追い払った鳥を、飛び立ってまで追うようなら警戒。
ほんとうに危ない奴らは、容赦なく後頭部や足に行く…ように思います。
2羽絡み合って団子になって落ちてきて、引きはがしたら嘴にごっそり相手の頭の羽根(戦利品?)とか…。
   
仲悪くても数か月後に改善することもよくあります。パートナー亡くして寂しくなった、とか、子供子供してたのが成熟してきたとか。
そううまく行かなくて、仲が悪化する一方なんてのもあるのですが。
  
病弱ぴっぴきのリオとななちゃんも、同時放鳥はできても近づけばバトルやってます。せっかく近くにいるんだから、羽繕いくらい一緒にできれば気持ち良かろうにと思いますが、まあそれも人間の勝手な思惑です。

先日、緑リクを肩に載せてたら、すぅちゃん(手乗り崩れていて普段は指にも乗りやしない)が、わざわざ離れたところから飛び蹴り食らわせに飛んできました。緑リクにはとんだ災難でしたが、すぅの武闘派っぷり健在で笑ってしまいました。
沢山の子供産んだとは思えない程ほっそりした子なんです。でも、筋肉質で飛ぶの滅茶苦茶速い。どこの鷹ですかって感じです。
  
没にしたまんまの画像なんかもありますし、
時間軸が前後しますが、また少しずつあげていけたらと思います。
 
1301077.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

ねねちゃんこんばんは。

私の大好きなパステルが生まれてますね。
我が家はまったくダメです、我が家でも昔は沢山のパステル生まれてたんですが、まったく繁殖までいけなくなりました。

この2~3年で沢山の色変わりが入ってきましたがノーマルファローとパステルは惹かれてしまいます。

のんびりとマイペースで楽しみたいと思います今年もよろしくお願いします。

ごんじさま

ひゃあ、コメありがとうございます。
イエローパステルの雛、やっとこの目で見ることができました。
雄に恵まれなくて3回目のパートナー替えです。
体格のいい子が取れましたが、雌が08年の仔なので、もうあんまり無理はさせられないかな。
  
ファローも昨年初めて産まれました。実物はいいですね。ゴールドっぽくて。
新色も入ってきて、おおお、とは思いますが対岸で眺めてる様な感じです。自分が楽しいと思えるペースで楽しめばいいんだよね、と達観しています。憧れて騒いでたコバルトも実際に会ったら気が済んじゃった。
  
ひとはひと、わたしはわたし。
ほそくながく、無理なく楽しく。
どうぞよろしくお願いします。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ねねさんの記事から、いろいろ勉強させていただきました。
今年も、かわいいマメちゃんを見に、
そしてマメさんのことをもっと知るために、
ちょくちょく訪問させてくださいね。

マメさん初心者で、多頭飼いも初心者なので、
険悪な2羽をどこまで見守っていいのやら分からず、
いつもかなり早い段階でレフェリー登場となってました。
でも、もうちょっと見守ってもいいのかもって記事読んで思いました。

ちなみに、うちのマメさんたち、横並びでケージ
置いてるんですけど、お互いに目があっただけで、
激しく口喧嘩するんですよ。
相当相性悪いってことなんですかね、やっぱり…(汗)

りっこさま

あけましておめでとうございます。
今年も健やかでありますように。
  
いーやー、ほんとにウチは適当なので(滝汗)
反面教師にしてくださいな。
インコかわいいですインコ。
 
レフェリーの話、私が言葉でかくとこんな風ですが、やっぱり実際の呼吸とか空気をいちばんわかっているのは飼い主さんじゃないかと思います。鳥さんの、個々の性格もあるでしょう。
りっこ家の子たちは今のところ難しいのかな…でも、同族の気配があるのはなかなかに刺激的だと思います。人が留守している時、どんなコミニュケーションをしているでしょうね。

にょろねね(~ねね)