マメルリハの価格について雑感

民間療法
03 /14 2013
知恵袋でこんな質問をみかけましたの。
マメルリハのコバルト、ブルーヘビーパイド、イエロー、アメリカンホワイト、ブルーの価格の相場はどれくらいでしょうか?
  
なに訊いてるんだ自力で情報収集しやがれ…と罵りつつ一度書いて、でも知恵袋は一度解決済みにになると消せなくなるし…というわけで、迷った末回答消しちゃいました。
でも、この手のこと、お悩みのかたは多いのかしら。
というわけで、こちらで記事にしてみようと思います。
ここなら時流に合わなくなれば消せますからね。
  
2013年初頭の話です。
 
まず、前提。
マメルリハは縄張り意識が強くて、繁殖期以外でも1羽、ないし1ペアに籠がひとつ要る鳥です。セキセイのように、繁殖に使っていない鳥を大籠で雑居飼育…といったことができません。
そんなわけで、鳥の数のわりにやたらと飼育スペースを喰います。ので、親鳥をそんなにストックできない。また、ペアリング時の選り好みの激しさがあります。産ませたい組み合わせで、雛が引けるとは限らない。
そんなわけで、セキセイ並に価格が下がることはないと考えてください。
下限はボタン、コザクラ程度までです。
  
1303031.jpg
  
イエロー、ホワイト、ブルーに関しては、だいたい下がりきって価格は安定してると思います。これ以上上がることも、下がることも当分ないんじゃないかな。
  
実際の価格は「こんぱまる年間プライスリスト」や「ドキドキペットくん」が目安になるでしょう。
これより安い場合も、高い場合もあります。
管理に自信があるショップ、また僻地で仕入れにも手間がかかり、在庫を抱えにくいショップも高額になるきらいがあるようです。
ブリーダー直販ですと、その7割~半額、というところかしら。
鳥オークションが、入手経路としてはたぶん一番安い。
   
パステル系も価格は安定してます。個体数が少ないですがアメホ等と一緒に考えていい。
   
ヘビーパイドに関しては、価格はあってないようなものです。
なんせ抜け方で個体差がありすぎる。気に入って、財布が許すなら買い。
いくら安くても、抜け方が好みでなかったり体型が…なら、無理しない。
ライトパイドに関しては入手しやすくなりました。
私は桜舞い散るようなライト~ミディアムが好き。
(だけど、価格では評価されないんだな…)
1303121.jpg
   
近頃は因子がいくつも乗ったレアっ子が流通してますね。
アメリカンホワイトファローパイド、等。
こういうのは選べるほど流通数はないから、ティン! と来て欲しければ買い。
  
1303131.jpg
   
コバルトは、最近やっと流通に乗り始めましたが、一番最初のオファー時はペアで数十万。中古の軽自動車買える価格だったんです。
そこから一気に下がりましたが、これはダーク因子で出るカラーなので、比較的増やしやすかったことも一因かなと思います。
まだ少し下がると思うので、欲しいけど予算が…という人はもう少し待ってみるといい。
とはいえ、ほんの2,3年前でペアで15万とかしていたカラーです。
ブリーダーさん比較的抑えめ価格で出してきてますが、普通のブルーより高くなっちゃうのは仕方ないです。
       
ブリーダー直販の場合で3万ならお買い得、4万でも別に驚かない。
ドキぺの5万という価格設定は、ペットで飼いたい人はびびると思うんですが妥当だと思います。
モーブはぱっと見、地味ですがコバルトより出にくいですから、更に価格がはね上がります。
ダークグリーンはかなり地味なのでショップも怯んでなかなか仕入れません。が、ダーク因子を生かして綺麗な仔が引けるはず。ブリーダーさん直販なら入手できるかも。
   
お局様の昔話っぽくなっちゃうけど、私が最初のマメ、アメリカンホワイトのそらを迎えたのが2007年。かなり国産の仔が増えたあと位で、価格は下がってきていましたが当時価格でショップ50000円、ブリーダーで35000円くらい。(もちろん1羽で)
今のアメホがショップ30000円、ブリーダー10000~15000くらいですか、だいぶお値ごろになったんじゃないかなぁ(汗)
   
さてさて。
なんで同じ鳥なのに、価格に差をつけるんだ、命の重さに差はないだろう! と思われるかたもいると思います。その通りです。
ついでに言うと育成の手間も変わりません。
でも、私らブリーダーはカラーで価格に差をつけます。
  
いろんな理由があるんですけど、私の場合は、
雛を出した対価で、同等クラスの親鳥が欲しいです。
異血導入したい。近親交配になって行き詰っちゃうから。
鳥←→鳥 で、トレードできりゃ早いですけど、現実としてそうそう都合よく行きません。金銭を介して、次世代の種鳥を購入することになります。
  
というわけで、せめて2羽出して、同じカラーのを1羽、お店で買えたらありがたいなぁ、という価格設定でやらせてもらってます。
  
あと、余談ですがブリーダー儲からないです。
レアカラーどうしのペアで多産系だと、たくさん雛が孵って、一時的にまとまった現金が入ってきます。ですが、ぶっちゃけ最安グリーンですと割とギリギリ。赤字にならないだけはガッチリ頂いていますが、カワイイからよし。spで繁殖させたほうがうちは成績がいいので、折りこみ済みですね。
たくさんいれば食費はかかるし、病気や怪我の子は出るし、同性にしか興味持たなかったり、独身だったりで繁殖に使えなかった子も多い…繁殖した子も年齢が上がれば普通に引退ですしね。はぁぁ。
ここらへんは動物取扱業取ってない飼い主さんも一緒だと思うので、別に理由にも何にもならないですが。
 
ついでに(ヤケクソともいう)、
うちの基準価格も公開しちゃう。
※この部分2015年に書き換え
----------------------
グリーン 3000
 SP+1  4000
 SP+2  5000

ブルー  7000
 SPあり 8000

アメリカンイエロー13000
イエローパステル 13000
 
アメリカンホワイト15000
ブルーパステル  15000
-----------------------
状況ですとか、雛の状態で変えてるので、これより高かったり安かったりしてますけど、だいたいこんな感じです。
どうもうちはお高めらしいですが…(滝汗)
(あ、あとこの価格表をモトに、他禽舎さんで値切らないでください!! 皆さん鳥のカラーも、取り巻く環境も飼育にかかるコストも異なるのですから。お願いします)  

いずれにせよ、価格は購入場所によって異なります。変動もします。
工業製品じゃないから個体差があるのあたりまえです。
そして、お安くても極上の体格を持った子もいれば、安物買いの銭失いの典型のような悲しい事例もあります。

出会いだと思います。
実物を見る機会はそうそうないと思いますが、せめて写真だけでもいろいろ見て目を肥やしてください。お迎え前に雌雄の見分け方、把握してね!   
マメルリハ、すごくカワイイので沢山の人に知ってもらいたいです。
どうか、納得して購入ができますように。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

にょろねね(~ねね)