モルを見送りました

鳥日記・雑
08 /30 2013
モル、というちょっと不思議な語感の名前は元親さまのS子さんがこの子にくれました。
何気なくついたあだ名だったんだと思いますが、そのまんまいただいて正式な名前にしました。
まんまる頭の、モグラさんのMOLE。
    
古参メンバーのモル坊が26日、闘病の末、なくなりました。
ボロボロでカメラ向けるのもツラくて、結局これが最後の写真。
1308301.jpg
  
丁寧に見れればもっと長生きしたかもしれない、最後の夜に再点検していれば違ったかもしれない。
たら、れば、がないといったら嘘になりますが、ほっとしている気持ちのほうが強いです。
よくがんばりました。。
  
糖尿発覚してずいぶんになります。
徐々に弱って痩せていって、この春夏は眠っていることが多かった。
エアコンかけている側で、ずっと彼専用のヒーターが稼働していて、
そこにひっついていたものです。
 
おつかれさま。
穏やかな、良き紳士でありました。
うちに来てくれて、ありがとう。
 
最後に元気な頃の画像を貼っておきます。
1308302.jpg

1308303.jpg

1308304.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

モル坊、がんばったね。ご冥福をお祈りします。ねねさん、色々と悔やまれることもあるかと思いますが、あまり自分をせめないでください。6年間、ねねさんの元でモル坊も幸せな人生だったと思いますよ。

ねねさん、お久しぶりです。
闘病する鳥さんのそばにいると、
亡くしたくない気持ちと、楽にしてあげたい気持ちが
いつも同居してますよね。
私はどうしても自分のエゴが出てしまって、
亡くしたくない気持ちが勝ってましたけど…


亡くなってねねさんがホッとするくらい、モル君はがんばったんですね。
しっかり、寿命を全うしましたね。
モル君、そしてねねさん、本当におつかれさまでした。

コメントありがとうございます。

モルへのことば、ありがとうございます。
  
>ぷーぴよさま
悔いることもあるのだけど、でも幸せと思える瞬間はあったと思います。
気の合ったパートナーに出会って、何羽もの子供たちを見せてくれた。
モルやぷー君、全国に兄弟がたくさん。先に逝った弟妹もいるけど、存命のコたちには健やかに長命でいてほしいです。
  
>りっこさま
ゆっくりじわじわ悪化していって、後半はいかに穏やかに過ごせるか…にシフトしていました。
自分で選んだ方針でしたが、いつも迷いはありました。
決して長生きとはいえませんでしたが、彼なりに精一杯の鳥生だったんだろう、と思えます。

にょろねね(~ねね)