スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事の補遺

鳥日記・雑
12 /12 2013
マメルリハ・ブルー雄若鳥
前の項のつづきです。
(未見のかたは先に「不完全優性遺伝の話」を読んでください)
  

この先はかなりキワドい話を書きます。

さて、コバルトやモーブ、輸入されてまだ日の浅いカラーです。

こんな話もあります。
     
コバルトから生まれた非コバルト鳥はコバルトスプリットを持つ。
spコバルトどうしの鳥からはコバルトが生まれる。ことがある。

  
これに加えて

spコバルトから生まれた非コバルトは、ダーク因子を引き継がない。


先ほどまで書いていた不完全優性遺伝の法則でダーク因子は運ばれますが、だからといって他の運ばれかたをしない、ということは言えない、のだそうです。
実際にspコバルトの親から生まれたコバルトがオークションに出ました。

これが突然変異だったのか、必然なのか、もう少し公開データの蓄積が必要かなと思います。
   
元々日本語での情報が多いとはいえないマメルリハです。外国語のいける人は、ぜひ海外の最新情報を当たっていただきたい。
海外のフォーラムでの意見交換などは、資料写真探す途中で垣間見たことはあります。これが理解できたらどんなにか楽しいだろうか、と思います。
ですが、私は謙遜抜きで英語が駄目です。あと、割とぼっちな鳥クラスタです。だから、私がこのブログで書いていることは、誰かが公開した文書の再構成にしかすぎません。
   
手のりっ子モフってれば十分な私には、マジメな話は荷が重いです。けど、うちにもコバルト嬢がおりますので、ちょっとでも興味持ってくれた人の足がかりになればいいなぁと書いてみました。  

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ねねさんの○●の図で良~く分かりました。
素人に分かりやすくして頂いて有難うございますm(_ _)m

・・・↑と言うことはコバルトたちに関しては
「今までの通常のマメの遺伝と同じにもなりうる」
ですよね?

う~ん奥が深い(。-_-。)

By the way(笑)
さんま氏のブログの9月20日号に出てる
マメのバイオレット。
あれは本当ですかね?( ̄▽ ̄)

あっそれと\(◎o◎)/!
もしもvasaさんに聞きたい事がありましたら
ねねさんもさんまゲスブにどんどんいらしてくださいね(*゚▽゚*)
お忙しいvasaさんですが、あそこは全部チェックしてくれていて何かあると出てきてくれる頼もしい
先生ですから(笑)

えめるるさま

さんまさんのゲスブに出張したほうがいいのかな…と悩みつつもこちらで。
  
コバルトの遺伝はおっしゃる通りです。
ただ、スプリットは一代限りらしい。
   
バイオレットは、写真だけでは何ともいえません。でも、あり得ると思います。海外のフォーラムなど読めればいいのですが、私は外国語はからきしですし、最近は情報収集もあんまりしていなくて、最新マメ情報にうとくなっています。
お役に立てず申し訳ない。
外国には真っ白黒目の「スノー」なんてのもいるのですな。写真しか見たことないけど、まだまだいろんな可能性があるんだなと思います。

今晩は。

スノーですか?(笑)
見たまんまだし(笑)

光ったように波打った濃いブルーも居ますよね?
ドキペの過去にも出ています
でもあの種は大きくなると普通のブルーになってしまうんだとか(?_?)

本当に次はどんなカラーが出てくるのか楽しみですね(笑)

私はといえばアキクサのピンクみたいな色のマメ
(ミルクのトレーナーみたいな色彩の)
ずーっと出現待ちなんですけど・・(笑)

色々教えていただき有難うございましたm(_ _)m

にょろねね(~ねね)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。