青いマメルリハたち

鳥日記・雑
01 /19 2014
レスもせず、更新間隔も開いたままで申し訳ありませんでした。
  
政に続き、ブルーパステルのつぐみんを失いました。
08年に、我が家でそらとシェリーが初巣引きした6兄弟の1羽でした。きらっと大きな黒い瞳に均整の取れた体格、うちにはもったいないような美女ルリハ。
雄に恵まれなくて、独身を貫いてしまいました。
糞の状態が悪くて、換羽も来てて警戒はしていたのですが…。
  
1401192.jpg
つぐみんの最後のパートナーだった華(はな)です。つぐの妹で、リングは018ですから彼女も比較的古くからいるメンバーです。華も換羽で身体のキレが悪い。
  
1401193.jpg

1401194.jpg
これは、じっちゃん&さーちゃん、一緒に政宗のパートナーだったすぅが写っています。すぅはつぐみんの同腹妹です。改めて見ると、羽根や足に加齢を感じます。
が、若い時に散々バトルで培った貫禄は十分。
最低限の威嚇で、若い無作法なルリハを怯ませます。

1401195.jpg
これは華とオカメ雛の長門ちゃん(という名前になりました)。
華も他鳥を威嚇はするけど怪我まではさせない。
  
数が多くなって出せなくなって、怪我を恐れるあまり同時放鳥もあまりしなくなって…社会性を育む機会を奪っていたのかな、と思いました。
すき、きらいだけじゃなく、「許容する」とか「上下関係を学ぶ」とか「挨拶」とか。時には「絶対許さんから叩きのめす」ってのもあって人間が流血覚悟で仲裁に入ることもありましたが。人間的な表現になっちゃいますけど、同族に敵意をないことを示す方法などは、実際に揉まれた方が身につくものではないかなと。
  
1401196.jpg

華がすぅの羽繕いをしていました。
どちらも綺麗に手入れされていた頭がぼっさぼさ。
順位の低い華が、ちゃんと手順を踏んで、気持ちを表して近づいていく。
散々手荒く揉まれた古参の子ならではの様子でした。
  
1401197.jpg

降りられなくなったみんみん君。
みんみん、じっちゃん、さーちゃんが一箇所に固まっていたのも笑えました。普段は特段仲なんて良くないのですけど、古参のおっかない姐さん達よりは知ってる面子のほうがはるかにマシと思ったんでしょうか。
  
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
  

コメント

非公開コメント

にょろねね(~ねね)