上野東照宮の彫刻

ヒト日記
01 /31 2014
1401311.jpg

上野の用事があったので、修復作業の進む上野東照宮に立ち寄ってきました。
関東大震災も、東京大空襲もくぐり抜けている江戸初期の建物です。
場所柄、たくさんの外国人観光客が訪れていました。絵馬に記された文字も国際色豊か。

赤い漆塗りの姿から、建立当時の姿に…とのことで、拝観料500円払って中に入ります。まだ工事中で社殿を一周はできませんが、本殿、それから透塀の6割くらいが見られます。
  
1401312.jpg
まぶしいよ!
キンキラキンだよ!
漆がトゥルントゥルンのつやっつや。
  
彫刻も、当時を再現するべく彩色が施されたとのこと。
活写された動植物がとても素敵で、こんなことなら一眼レフ借りてくりゃよかった~!! と思いつつも、携帯でばしゃばしゃ撮ってみました。
 
これは唐門の内側に施されたもの
1401313.jpg

1401314.jpg
 
なにげにトリ率がたかい。
1401315.jpg
 
ひとつとして同じものがない。
しかも、手を伸ばせば届くんじゃなかろうか…という程の至近距離で見ることができます。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

1401316.jpg

1401317.jpg

1401318.jpg

1401319.jpg

1402012.jpg

1402013.jpg

1402011.jpg

コメント

非公開コメント